「土のう袋」を探しに震度5クラスの余震が頻発する鉾田市へ - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「土のう袋」を探しに震度5クラスの余震が頻発する鉾田市へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
その他活動など 巨大地震

震災から少し時間が経ってこの辺も落ち着きを取り戻した感じです。

 

震災後の休日はスタンドに並んだりブルーシートを探したり。。。

ブルーシートが手に入るようになると、今度は土のう袋探しに

あちこち回りました。

 

基本はそのお宅でご用意頂くのですが、そうもいかない方も居ますからね。

 

この辺に土のう袋が無かったので行方市のホームセンターへ行くも在庫なし。

やむなく震災の影響が酷いと言われている鉾田市のホームセンターへ。

 (ホームセンターは大丈夫でしたよ)

 

震災後時間が経って茨城県の被害状況もテレビで放送してくれるようになった

のですが、海沿いや水戸市が多く鉾田の被害状況は話でしか聞いてませんでした。

最大震度は6強。その後も5強や5弱が頻発している、揺れはたぶん県内一の地域じゃ

ないでしょうか。

 

途中お客さんの家を確認しながらホームセンターを目指しました。

 

行方市から鉾田に入ると、やはり屋根の被害が他より多い気がしましたね。

道路や塀も被害が酷く硝子が割れている所も多かったです。

 

ホームセンターに着いて土のう袋を探すと少し残ってました。

時間も経ったので市内の分は回ったのではないでしょうかね。

 

その後市街地を通って帰ったのですが、液状化が多く見られました。

ちょっと見ただけでも市街地の液状化の影響を受けている建物が

多く見られたので、中に入った住宅等含めると相当数あるのではないでしょうか。

 

また通行止めの橋が有ったり、道路も応急措置はしてあるのでしょうが

段差や亀裂が他より多かったですね。

 

 農作物被害は周知のとおりですが、稲敷市の方では液状化のより水田

に大量の砂が噴出して田植えが出来ない地域も出ているようです。

 

県内だけでも被害の全容が分かるまで、まだ時間がかかりそうです。

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「その他活動など」のコラム

イルカ騒ぎ(2015/04/13 12:04)

震災から4年(2015/03/10 12:03)

20年の節目(2015/01/17 12:01)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

震災後の現場状況 信戸 昌宏 - 建築家(2011/03/24 12:00)

外壁施工の前に 信戸 昌宏 - 建築家(2014/07/15 12:00)

その地域の地震被害 信戸 昌宏 - 建築家(2011/06/08 12:00)

古地図の活用とか・・・土地を調べる 信戸 昌宏 - 建築家(2011/05/27 13:00)