古地図の活用とか・・・土地を調べる - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古地図の活用とか・・・土地を調べる

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
その他活動など

今回震災の液状化で古地図の活用がされていると

TVで見ました。

 

確かに都市化されて過去の状況を知っている人が

どこにいるか分からない所では必要かと思いますね。

 

まだ新しい所は地元の人聞くだけでも随分違うと思いますよ。

 

先日職人さんに聞いたのですが、県南東部で液状化の被害が

あったところの話。

 

その地域の仕事をしていて当家の方が、「ほら、あそこ見てよ

あそこに家が建っちゃうんだよ。あそこ今きれいな分譲地になってる

けど昔田んぼだったんだよ。この辺の人は建てないけど

大丈夫なのかな~」って言ってたそうです。

 

震災後はやはり液状化してしまったとのこと。。。

全部が全部とはいかなくても知識として入れておくのも良いかと

思いますね。※だから液状化するとは限りません。

 

液状化以外にもいろいろ地元の方は知ってることも多いし、地元で

長い不動産屋さんや工務店さんもよく知ってますよ。

 

私も自分の仕事エリアについては昔からいろいろ知ってますが、

最近の変な天気のおかげで(ゲリラ豪雨みたいなもの)冠水ポイント

が増えたんですよね。

意外と気が付かないのですが、結構あるんですよ。

 

市で看板を設置したりしているのですが、ここ2~3年なんですよね。

こんなに冠水するようになったのって・・・。

 

そんなことも地元の人は知ってますので、買われる土地があまり知らない

所であるなら、地元の方への聞き込みされてみるのも良いかと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

食糧の備蓄庫 信戸 昌宏 - 建築家(2013/06/13 12:00)

このプールは・・! 杉浦 繁 - 建築家(2011/09/23 14:09)

その地域の地震被害 信戸 昌宏 - 建築家(2011/06/08 12:00)

地盤調査 信戸 昌宏 - 建築家(2011/04/18 12:00)