“世界マネー”をどう運用しますか!? -その1 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“世界マネー”をどう運用しますか!? -その1

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

さて、今日辺りから「お盆休み」に入られた方も多いのではないでしょうか!?
しばらく、街中は“少し”だけ静かになりそうです。

それにしても、梅雨明けの暑さは凄まじいものがありますね。
皆さんも、熱射病、熱中症にはくれぐれもお気をつけて。。


さて、暑いといえば、マーケットもこのところかなりある意味“熱く”なっていますね。
「サブプライム」問題が、ここまでマーケットを“熱く”するとは、予想していた人も少ないかもしれません。

アメリカのヘッジファンドだけでなく、欧米やアジアの金融機関においても、徐々にですが損失状況が分かってきました。

しかしながら、今回の問題は、「直接的な損失」だけではありません。

金融機関の損失もさることながら、“信用収縮”により、世の中のお金の流れが滞ってしまったことです。


損失を埋めるために「株式の利益確定売り」などで株式市場は下落し、

同じく「円キャリー取引」で運用を行っていたヘッジファンドが利益確定の手仕舞いを急いで、急激な円高が進行、

格付け会社の“信用力”の低下などなど、その影響は広範囲にわたっています。


ここにきて、欧州中央銀行やアメリカFRBが、連日の大規模な資金供給により、金融市場の不安の沈静化にやっきになっていますが、その規模は数十兆円となっています。

これを受けて、市場金利も低下傾向になり、徐々にマーケットも沈静化していくことでしょう。(続く・・)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム