いくらまで借入できるの?(銀行ローン編) - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いくらまで借入できるの?(銀行ローン編)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
不動産購入の基礎知識 無理のない資金計画

自身がいくらまでなら借りられるのか? 気になる人は非常に多いと思います。
実際に私がお会いするお客様からも、度々この質問をされます。


住宅ローンをいくら借りられるかは、年収、年齢、返済期間、返済負担率、
既存借入状況、物件の担保評価などにより決定されます。

一般的な金融機関の場合、返済負担率を税込年収の25%~35%以内とし、
計算金利 (審査金利)を4%前後とします。

つまり、4%の金利になっても税込年収の25%~35%以内の返済負担率で
返済できる金額を返済可能額を考えています。

また、他のお借入(オートローンなど)があった場合は、返済可能額からさらに
他のお借入分の返済額を差し引いて融資可能額を計算いたします。


尚、年収ごとの返済負担率の一般的な基準は以下のとおりです。

・税込年収が300万円以下の場合、返済負担率は25%以下
・税込年収が400万円以下の場合、返済負担率は30%以下
・税込年収が400万円超の場合、返済負担率は35%以下


<計算例>

税込年収500万円、オートローンの返済額が年間60万円の場合
税込年収500万円×35%=175万円(銀行が考える1年間の返済可能額)

175万円-オートローン60万円=115万円(銀行が考える1年間の住宅ローン返済可能額)

115万円÷12ヶ月=95,833円(銀行が考える1ヶ月の住宅ローン返済可能額)

95,833円÷44,278円(35年返済、審査金利4%の係数)×1000=2164万円

つまり、2164万円が借入可能額となります。


ちなみに上記返済負担率や審査金利は各銀行で異なり、不定期に見直しされています。
そのため、同じ申込人でも申込先の金融機関により借入可能額が異なってきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産購入の基礎知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

【マイナス金利でローン借換えは絶好のチャンス!】住宅ローンの返済計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/03/01 17:00)

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)

住宅ローンを考えよう~家が欲しいだけなのか、家での楽しい生活が欲しいのか 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2015/05/13 17:13)

住宅資金(1)住宅購入の留意点(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/15 23:53)