中古住宅を購入する際の注意点⑥【中古住宅のメリットを生かす】 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古住宅を購入する際の注意点⑥【中古住宅のメリットを生かす】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
不動産購入の基礎知識 無理のない資金計画

新築戸建を望む方にとって、一度人が住んだ中古住宅は、具体的な理由もなく感情だけで敬遠される傾向がりますが、中古住宅ならではのメリットを活かした購入を心掛けることで、非常に良い物件購入ができます。

 

中古住宅でお探しの方も、規模と価格以外のメリットも意識して頂けると、より良い購入ができると思います。

 

まず、中古住宅の魅力は広くて安い物件が多いところです。

 

そして、軟弱地盤のエリアでも竣工後時間が経過していて、基礎に大きな亀裂がなければ安心材料との判断目安となります。これは建って間もない新築では出来ない確認ポイントです。

 

他にも、内壁や天井にシミがなければ雨漏りや結露の懸念が少なかったり、床や建具にきしみや建て付けの悪いものがなければ躯体の歪みが小さいと考えられたりします。

 

建ってからの時間が新築より経過しているからこそ、出るべき欠点はすでに表面化していて、これはチェック時のメリットとも言えます。

 

現在も居住中で家具や荷物などが置いてある状況なら、実際に住む際のイメージが掴みやすいのも魅力の一つです。

 

また、売主の了解が取れれば、是非、専門機関によるインスぺクション(建物診断)を行うことをお勧めします。費用は掛りますが、後々発見される建物の問題も数百万、場合によっては数千万の話になることもあります。

 

これらのメリットを上手く生かすために、建替えやメンテナンスのリスク、物件の状態の把握、契約条件などを踏まえた上でしっかり検討することで、広くて安いだけではない良い物件購入が実現できると思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産購入の基礎知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

中古住宅を購入する際の注意点② 【メンテナンス費用を考える】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/01/22 17:21)

消費税が上がる前に購入をとお考えの方に耳寄り情報が 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/18 06:11)

200万円はいただかないと困るんですが、、、 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/29 07:07)

任意売却中は引っ越さなくてもいいの? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/07 08:12)

「はんこ代」「はんつき代」とは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/17 06:10)