価値観とビジョン/プラスα情報 - キャリアの方向性 - 専門家プロファイル

福田 聡子
グローバル・エデュケーション ディレクター
東京都
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

価値観とビジョン/プラスα情報

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアの方向性

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

パーソナル・グローバリゼーション  ~世界と働く為のツールと習慣~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010.11.12 Vol.5

・・・・・‥‥‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

今までは大手企業の研修内でしか学べなかった

“グローバル人材”に確実になる為のノウハウをメルマガで大公開!

■□今週の内容□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 価値観とビジョン ~ アジアの人材抜きに日本の未来を語れなくなった現状

【2】 プラスα情報

【3】 ウェブサイト まもなく公開予定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃1 ┃ 価値観とビジョン ~ アジアの人材抜きに日本の未来を語れなくなった現状

┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

価値観を深く知ることで自分がわくわくするようなビジョンを描くことと

グローバルが関係するのはなぜか?

それは、人を惹き付ける力と大きく関係するからです。

 

他者に働きかけ、協力を仰ぎ、力を結集するためには、

何よりもビジョンにエネルギーがなければなりません。

人が示したビジョンにパワーを感じるからこそ、人は惹きつけられ、

実現に向けて協力したいと思うのです。

 

しかし、残念ながら今の日本人の中にパワーを感じるビジョンを描いて伝えて人を、

特に外国人を惹きつけることができる人はあまり多くありません。

あまりにも日本が安全で快適で居心地が良すぎて大きなビジョンを持つリスクよりも

その居心地の良さをキープすることが目標になっている傾向があります。

 

例えば、新卒採用の場面。

 

11月8日号の日経ビジネス記事「うちのエースはアジア人」では、新興国、

特にアジア人の新卒採用が急拡大している現状とその背景についての特集でした。

例えば、ドン・キホーテの中国人社員の張氏は「中国の流通王になること」がビジョンだそうです。

大きい。。。。

したがって、待ちの姿勢がゼロで次々に偉業を達成していったそうです。

それも、知恵だけではなく超人的な体力が必要とされるセールスを達成しています。

わくわくするような、大きなビジョンがなせる業ですね。

 

日本では今まで、あまり大きなビジョンを持つ事が、学校でも会社でも推奨されてきていませんでした。

私の個人的な経験でも、高校の時に「もっと普通に生きることを考えろ」といわれた事さえあります。

そんな日本人が、グローバル化が進んだここ1-2年で急に「大きなビジョンを持つこと」

を求められている状況です。

ですから、「ビジョンを持つこと」を訓練してみる必要があります。

 

次回は、ビジョンとセルフエンパワーメントの関係についてお話しますね。

 

★まとめ★

エネルギーのある大きなビジョンを持つことで、色々な国籍の能力ある人を惹き付けることができる第一歩が整う。

価値観を理解したら、大きなビジョンを持つ事を試してみよう。

 

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃2┃ プラスα情報

┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

ここでは、本メルマガの内容と深く関わっている記事や書籍をご紹介します。

 

●Personal GlobalizationについてUniversity Timeにてもコラムを掲載しております。

是非一読ください。

URL:http://www.japantimes.co.jp/u_times/

 

●お勧め記事

 

日本の社員や企業の現状は如何なるものなのか。

他のアジアの国と比べると大きい差があります。

 

今回はその現状について痛感できる記事をご紹介致します。

 

【サムスン 最強の秘密】

 

日本の電機大手をシェアと収益力で圧倒する韓国サムスン電子。

強みは「逆張り投資」「マーケティング」「オーナー経営」とされる。

しかし、後発で参入しても勝ち続けられる原動力はほかにもある。

情熱を持ち、不可能はないと信じ、必死で戦略を実行する社員だ。

かつて日本が得意とした「理念を叩き込む経営」をサムスンは重視する。

社員が持つ能力を徹底的に引き出して、活用する仕組みを解剖する。

 

※下記日経ビジネスオンラインより引用

 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100701/215226/

 

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃3 ┃ウェブサイト まもなく公開予定!

┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

ウェブサイトと同時にブログも立ち上げ予定ですので、

皆さんにとって「ちょっとやってみたい」「役立った」という情報から

「勇気がでた」「やる気が出た」という話までカバーしていきたいと思います。

ウェブサイト、ブログの公開を楽しみにしてくださいね。

このコラムに類似したコラム

セルフエンパワーメントとは?/プラスα情報 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2011/01/06 14:22)

自ら、可能性を閉じ込めないようにしましょう 竹内 和美 - 研修講師(2011/05/27 11:06)

やる気スイッチが機能しません 竹内 和美 - 研修講師(2011/05/25 12:43)

今年を振り返り、来年の目標を立ててみましょう!/プラスα情報 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2011/01/06 14:27)

あなたにとって一番大事なのは?/プラスα情報 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2010/10/27 12:02)