【最終回】子供部屋と間取り その5 兄弟姉妹 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最終回】子供部屋と間取り その5 兄弟姉妹

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供部屋と間取り

●子供部屋と間取り その5 兄弟姉妹と間取り



今回は、兄弟姉妹がいる子供部屋について考えていきましょう。

家づくりの打ち合わせをしていて、兄弟姉妹がいる子供部屋の話題で出てくるのが

「うちの子供は異性なので、将来は部屋をしっかりと分けてあげられる部屋にしてあげたいと思います」

「うちは男兄弟だから、部屋は分ける必要はないかしら?」

「兄弟でもプライバシーがあるから、部屋ははじめから分けてあげようと思います」

など、子供に配慮する親心をとても強く感じます。
これはとても重要なことですので、素晴らしい事でしょう。

今回のテーマについては、人間関係の心理学の側面からおこたえします。

実は心理学の側面から言うと兄弟姉妹の人間関係は「社会に出てから一番身近な仲間とのの人間関係の基本になる」と言われています。ですので、兄弟姉妹を持つ親としては、''子供たちがどのような人間関係を築いていこうとしているのか?に注目することが重要''になってきます。

そして、ポイントは子供部屋のあり方について素直に子供たちに聞いてみるのです。

「二人は部屋をどのようにしたい?今は一緒の部屋?何年かしたら、部屋を区切りたい?それともいつでも一緒の部屋に出来るような壁の造り方にしたい?二人で相談して決めてみて」
など、子供たちに自分達で考えさせてみるのです。そうすると、子供たちは一生懸命自分達で考えてくるでしょう。この親子のあり方が自主性を重んじる形にもつながります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム

子供との約束について(2007/07/25 09:07)