【新シリーズ】子供部屋と間取り その1 部屋は・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【新シリーズ】子供部屋と間取り その1 部屋は・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供部屋と間取り

子供部屋と間取り その1 部屋は必要か?



今回から新シリーズ、子供部屋と間取りについてです。
家の中での、子供の部屋の位置関係、そして、部屋の要素などについて見ていきましょう。

まず、子供部屋の大きな分かれ道として「部屋にするのか?それとも寝室にするのか?」が挙げられます。シリーズ「子供部屋が子供に及ぼす影響」でもお話しましたが、子供部屋は1970年代くらいに欧米から輸入された家の形態(LDK)がベースになっています。

その当時欧米では、子供部屋は単なる子供の寝室として使われていたのが、日本に輸入された時に、日本人が「この部屋は子供の部屋」と解釈して、間違って取り入れたのが発端です。

そのように考えると、まず、子供の部屋が必要かそれとも寝室が必要か?を選択する必要があります。寝室であれば最低3畳あれば足りますし、部屋だともう少し大きなものが必要でしょう。

まずは、これらの背景を把握しながら、夫婦で子供の部屋が必要かどうかを話し合って見てください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム

子供との約束について(2007/07/25 09:07)