一つチラシで、果たせる目的は最大でいくつ? - 広告戦略・媒体計画 - 専門家プロファイル

菅野 真一
菅野デザイン企画 代表
グラフィックデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広告代理・制作

北村 卓
北村 卓
(マーケティングプランナー)
ウジ トモコ
ウジ トモコ
(アートディレクター)
北村 卓
(マーケティングプランナー)
北村 卓
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一つチラシで、果たせる目的は最大でいくつ?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広告代理・制作
  3. 広告戦略・媒体計画

いよいよ告知の段階に入ります。
チラシを出す場合、デザインをどうするか考える前に、
まずどんな内容を掲載するか考えなければなりません。
せっかく「目的」「ターゲット」「売るもの(商品・サービス)」を
考えてきたのですから、
それらを念頭に置いて内容を整理していきます。

ここで一番やって欲しくないのは、何度も言いますが、
「せっかく出すのだから、あれもこれも入れよう」と
欲張ってしまう事です。
チラシという限られたスペースの中で、掲載する商品点数が多くなれば
当然、商品(サービス)ひとつあたりの情報量は少なくなってしまいます。
一つチラシで、果たせる目的は最大で一つです。
一番売りたい商品(サービス)を「欲しい」「必要だ」「信用してみよう」
と思ってもらえるために、必要な情報を集中して掲載しなければなりません。
一番売りたいものの情報を削ってまで、
他の商品を告知する必要があるでしょうか?
「一点集中」を忘れずに、制作に取りかかりましょう。

次の画像は、先月あるお客様の依頼で実際に作った、
マッサージのチラシです。
肩こりで悩む人のための「肩こり解消」という一点に焦点を絞り、告知しました。
割引はしていませんが、なかなか良い成果を上げる事ができました。
念のために言っておきますが、このお店はエステ店です。
ボディやフェイシャルもやっていますが、だからと言って
一つチラシで、「ボディもフェイシャルも、○○も□□も、いろいろやっています。
どんな方にでも対応します」
と謳っていたら、結果はどうなっていたでしょうか?
このお店は何が得意なのか?
何を売りたいのか?
誰に来て欲しいのか?
チラシを見た人はピンと来ないでしょう。
それでは、あまりチラシを出す意味もありません。

入口は「肩こり解消」でも、誠実な対応で満足感を高め、
お客様の信頼を得られれば、
その他のメニューを提案したときも、
受け入れてもらえる可能性は高まります。

このコラムに類似したコラム

新聞とエリア広告 上田善隆 - 広告プランナー(2011/10/05 17:26)

広告表現のルールをおおまかに決める。(4) 上田善隆 - 広告プランナー(2011/07/11 00:00)

テレビ美術研究、ブーメランテーブルは何を語る? #2 山藤 惠三 - クリエイティブディレクター(2010/11/05 19:10)

何のためのチラシですか? 菅野 真一 - グラフィックデザイナー(2010/06/28 09:00)

チラシ効果の計り方 菅野 真一 - グラフィックデザイナー(2010/06/21 09:00)