7月の住宅ローン金利 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

7月の住宅ローン金利

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 さて、7月の住宅ローン金利が出そろいました。



 長期金利の低下を受けて、10年以上の長期、とくに長期固定の借入金利が下がった金融機関が多かったですね。
 
 

 35年固定で3%を切り、2%台とする金融機関も増えました。また、フラット35の返済期間が、21年以上35年以下の場合の金利幅も 2.320%~3.280%(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは2.570%)。

  ここまで長期金利が下がったのは、久しぶりです。

 もちろん、住宅ローンは、金利以外にも保証料の有無、手数料の多寡、繰り上げ返済のしやすさなど、いろいろな面から検討することが大切です。それでも、2%台で固定できるのは、利用できるご家庭にとっては、かなり有利ですね。
 
 

 一方、変動金利も1%台というところが多いですね。

 もし、変動金利を利用するなら、将来金利が上昇する局面になっても、変動金利を続ける覚悟が必要です。固定に切り替えるタイミングを計るのは、思っている以上に難しいと思いますよ

 

 住宅購入・住宅ローンのご相談はhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

4月以降のフラット35の改正と新商品について 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/20 23:08)

フラット35S人気 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/07/14 11:50)

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)

住宅資金(2)物件選びの前に、必ずこれを!保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/18 12:14)

退職金での住宅ローンの一括返済はやめなさい! 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/12 16:26)