契約をなぜ急ぐ? - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約をなぜ急ぐ?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

 

契約をなぜ急ぐ?

 
「来週に契約してほしい」と言われた。
「えっ! 来週! 早くない?」

 
遅かれ早かれ、契約書に印鑑を押すつもりだが、
いきなり来週と言われると誰でもビックリします。
一瞬、退きますよね。

 
更に「今週木曜日までに手付金100万円を振り込んでください。」
といわれると、

 
・お金のこと、
・本当にいいのかこの家で!
・住宅ローン大丈夫か、

 
頭の中はグルグル回転してしまいます。
そして、押し付けられるような気がして、
不信感さえ感じるようになってしまうこともあります。

 
何で急ぐのか?2つの理由があります。
ひとつ目は、他に意識を、向けさせないためです。
契約までの期間を長くすれば、当然ながら、目移りします。
他に意識を、いかせないための防止策でもあります。

 
2つ目は販売に影響しかねます。
例えば、1ヶ月も保留して、結局は契約しないとなれば、どうでしょう?
その間に、他のお客様が訪れて、契約したかもしれません。
販売者側としては、リスクとなる可能性があるのです。
(基本的には申し込みの有効期限は10日ほどです。)

 
販売側は契約することが使命ですので
買い手側との温度差があるのは仕方ないことかもしれませんね。
最初からこの温度差を受けて入れてしまうと、
買い手側はうんと楽になるかもしれません。

 
「契約は来週で!」
「手付金100万円を用意してください」

 
“おっ!きたきた!!”なんて、
楽しんでしまうといいかもしれませんね。

気持ちも楽になりませんか?

このコラムに類似したコラム

「狭い都心マンション」 と 「広い郊外マンション」 どっちが得? 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2012/03/06 14:46)

鬼が笑うかもしれません。今年と来年これだけ違う。 久野 博 - 不動産業(2011/10/02 14:07)

貴方はどちらを選びますか。 久野 博 - 不動産業(2011/07/03 17:27)

借りられる人!借りられない人! 久野 博 - 不動産業(2010/11/03 20:00)

物件探しをする前に! 久野 博 - 不動産業(2010/10/24 17:37)