契約後に他の家が気になるのはなぜ? - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約後に他の家が気になるのはなぜ?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

 

つくづく、家は買う前が大切であると思うのです。

 
「どうして?」って!

 
契約してから、他の家のことが気になる方が大勢いますよね。

 
例えば、こんなふうに。
「他の家のチラシなどが気になる。
もっといいマンション、戸建が
があったのではないだろうか。」

 
どうして、契約してから、
このような気持ちになってしまうのでしょうか。

 
おそらく・・・・。
「手付金という大金を払って現実的な気持ちにった」
これが気になる要因のひとつだと思います。
 

自分の契約した家が、他の家よりも、
「お得である」「優れている」
納得したいですよね。

 
実は、この「納得」ということが
住宅購入には重要なのです。

 
しかし、「納得したから買う」という気持ちで
契約書にハンコを押している人は意外と少ないのです。
専門性も強く、分かりづらいことも要因のひとつなのかもしれません。

 
最終的には「まぁいいか、これで!! 駅も近いし、暮しやすそう」
「この家がいい」というよりも、「この場所がいい。」
これが大きな購入ポイントになっています。

 
ということもあり、近い場所で、新しい住宅広告がでると気になる。
「私が購入した家の方が安いし、物も良さそう。」
これであれば、お得感や納得感が味わえます。

 
しかし、「こっちの家の方が断然やすい!」
こうなってしまうとしばらく気分が悪い。
折角、家を購入したのに楽しまなくては損ですよね。
高い資金を投じて購入する家ですから・・・・。
 

後から気にならないためにには、
場所だけでなく、家としてどうか?
「この家がいい」
と思えるような見方も必要かもしれませんね。

 
「この場所がいい」「この家がいい」と
思えるような住宅であれば、きっと、契約してから気にならない、
納得できる住宅購入ができると思います。

このコラムに類似したコラム

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅買い替えの秘訣 セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/02/08 10:26)

住宅購入のポイント⑪~売買契約の締結 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/14 13:56)

安心して、契約日を迎えるために! 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/18 16:22)

住宅営業はどんなことを考えているの? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/08 15:48)

契約をなぜ急ぐ? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/06/29 16:12)