自分と対話する方法 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

松脇 美千江
ベストライフ・コーチング 代表
熊本県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分と対話する方法

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

自分と対話する、と言っても

どうやっていいかわからない方はいらっしゃいませんか。

 

そんなときは、”今の気分を天気で表すと、どんな天気?”

と自分に訊いてみましょう。

 

 

「小雨かな。風雨が荒れ狂ってるわけじゃないけど

 ちょっとやる気がなくなって、ただ目の前のことを

 坦々とこなしてる感じ。」

 

「今日は快晴!根拠なき自信がなんだか湧きあがってる感じ。」

 

など、その日の気分によって、いろんな天気が出てきます。

 

 

まず、天気で自分の気持ちを表すところに意味があります。

 

天気で表したことで、なぜその天気を言ったのか

自分で、自分に、自然と解説をするからです。

 

 

そのあとは、

 

”本当はどんな気分でいたいのか天気で表すと?”

と未来について訊いてみます。

 

ここで、原因を訊いた方がいい場合もありますが、

原因を最初に訊くと、視点が過去ばかりにあたりがちなので

まず、未来について訊いてみます。

 

 

「雨がやんで、雨上がりの澄んだ空気を晴れやかに吸う感じに

なりたい。」

 

「快晴はいいんだけど、あまりにも雲ひとつない感じで中身が

 ないような、浮ついてる感じ。だから、

 適当に雲があって落ち着いた気分で

 自分のやりたいことに集中できる感じになりたい。」

 

 

次は、”そのためには何が必要?”

 

・・・等と、自分にいろんな質問を投げかけてみましょう。

すると結構、長い間、自問自答が続けられます。

 

 

自分と対話する、と構えてしまうと何から対話していいか

わからなくなる場合に、お役に立つ方法ですよ。

このコラムに類似したコラム

「まず、事実を観察する。」の法則 咲桜 佳美 - ビジネスコーチ(2011/11/04 14:00)

ピンチの裏のチャンスを掴む 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/08/07 16:36)

気分は後から乗ってくる 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/06/06 16:22)

恋愛で同じ失敗をしていないか 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/06/05 11:14)

調和力5 鏡のように反応する1 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2013/04/19 16:00)