ビジネスウーマンの休日の過ごし方 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

松脇 美千江
ベストライフ・コーチング 代表
熊本県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスウーマンの休日の過ごし方

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

今日は月曜日。

昨日までの週末は、いかがお過ごしでしたか?

仕事をしながら、育児・家事をしているビジネスウーマンには
相変わらずのやること一杯の週末だったかもしれません。


かつての私も、平日も週末も、仕事、育児、家事で
「休めている日がない!」という感覚がありました。

”時間が2倍あれば、仕事も、育児も、家事も
もっとちゃんとできるのに・・”と、全てが中途半端な気持ちを
持っていましたが、今考えると、”いい塩梅でやっている”と
思いながら過ごしていた方が、楽だっただろうなと思います。

そして、親がそう考えた方が、子供も楽なのだ、ということが
今はよくわかります。


親が中途半端感、未完了感を沢山抱えていると、
小さなことで、子供を叱りつけたりします。
心に余裕があれば、注意するくらいで済んだことを
語気を荒げて、「何やってるの!」と言ってしまいます。

その状況のきっかけを作ったのは、子供かもしれませんが、
根本の原因を持っているのは、親の方です。

親の心に余裕があれば、そこまで言わなくても済んだことで
語気を荒げてしまうのです。


そういうことが度重なると、子供は親の様子をうかがうような
大人しい子になったり、自分の気持ちをしゃべらなくなったり
します。

子供が本当に望んでいるのは、片付けされたきれいな部屋ではなくて、
お母さん、お父さんの優しい言葉、笑顔です。



「全てが中途半端だ。」と自分を責めるのではなく、
「全てがいい塩梅だ。」と受け入れて、休日はできるだけ
ゆったり過ごしましょう。

親がゆったりしていると、子供はのびのびと育ちます。

そして、大きくなった時、お互いにいいコミュニケーションが
とれる親子になっていきます。

このコラムに類似したコラム

【セミナー】信頼関係を築く、タイプ別コミュニケーション 網野 麻理 - ビジネスコーチ(2012/11/16 19:50)

久しぶりのコーチング研修 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/25 22:38)

改めて相手の話を聴くこととは・・・ 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/04 20:34)

型を追及した先の自由 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2011/10/05 12:47)

こどもを怒らずに見守る21日間の自分との約束~その3~ 高野 まゆみ - 研修講師(2011/07/15 10:45)