不況に今こそ自己投資ー1 - 各種の検定・資格 - 専門家プロファイル

喜多 元宏
キャリアナビゲーター・教育アドバイザー 教育アドバイザー・キャリアナビゲーター
東京都
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不況に今こそ自己投資ー1

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 各種の検定・資格
キャリア・カウンセリング キャリア・プラン全般

いざ鎌倉!

 人生にはいざ鎌倉という時が誰しも必ずあるはず。しかも人生先が見えない。今行っていることだけに目を向けてないで自分がやってみたいことがあれば今の仕事と関係なくても目を向けて見ることを薦める。ビジネス環境が大きく変わり従来のパラダイムの変化も激しくなってきているように思える。スピードの変化、思考方位、慣習破壊など。役に立つものばかりに目を向けてハウツー本ばかり読んでないで全方位型で世の中を見ることも重要です。今いる環境の中で役に立っていても、その部署がなくなり、その会社がなくなり、新たな世界に身を投じれば今までの優秀と思っていた自分はそこにはないことを痛感するものだ。淡水魚の王様でも塩水に入れば生きられない。金魚鉢の中で元気よく泳いでいても大海に出れば平々凡々。大海で大きく泳いでいても金魚鉢の中では生きられない。要はどう環境に対応できるか?そのフレキシブルな精神を日ごろどう鍛えておくか?ではないだろうか?

 著者は7種以上のビジネスを経験し、3つの社会人大学院を経験している。一つは欧州のMBAスクール、二つは東京の私立大学工学系の修士課程そして三つ目は、東京の国立大学の教育系の修士課程であり、三つ目はアカデミック・スクールである。それ以外は所謂プロフェショナル・スクールでビジネスに直結している。欧州のスクールはMBAコースなので授業はアカデミック・スクールのようなチョーク・アンド・トーク(教員がチョークで黒板に字を書き、話したことを黙々と学生はノートを取る)式ではない。そのようなことをしていたら即クレームである。

 そのような世界を多く経験してきたものとしてはアカデミック・スクールは物足りないに決まっている。しかしである。常に企業人は売り上げは?利益は?マーケットは?顧客の反応は?等など同じことを繰り返している。そのようなことばかりに目を向けているのも結構であるが、ある年齢、ある経験により何かを気づいた人は、新たな視点に目を向ける事も興味深い。著者はあえてほっとし、開放感を味わっている。30数年、生き馬の目を抜くようなビジネス世界で常に危機との戦いに明け暮れたものにとってはオアシスかも知れないが、今血気盛んな御仁にとっては眠たいことかもしれない。人の人生いろいろ転機というものがある。逆に見えてこなかったもの、考えてみなかったものが気がつくことがある。その点では有意義である。

このコラムに類似したコラム

エンターテインが、セミナーの命だ! 教育をエンターテインメントに変える! ヨシダ ハリー - 社員研修セミナー講師(2014/05/11 10:39)

トークの裏ワザ【1秒で仲良くなる質問】 三橋 泰介 - 研修講師(2012/10/30 15:18)

パソコンスキルよりも大切なこと 高嶋 美里 - ビジネススキル講師(2011/10/05 16:38)

分かりやすい文章の書き方 | コピーライティング 深井 貴明 - マーケティングプランナー(2011/02/04 11:53)

望まなくても答えを知ることになる 山本 啓介 - ビジネスコーチ(2010/12/10 08:00)