斜面地に建てる場合 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

斜面地に建てる場合

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●家を建てよう!!
道路と敷地に高低差のある場合、道路面に対して擁壁を築造します。
日本の殆どの造成地がそうです。平坦地が広く、建物が簡単に建てられるから当たり前の様に擁壁を造ります。しかし擁壁に要する費用は、全て土地代になって購入者に跳ね返って来ます。敷地間口にもよりますが、250万〜350万円程度は割高につきます。
又、擁壁を築造する為、締まっている地面まで一度掘り返しますので、地耐力確保の為地盤改良が必要になってきます。50万〜100万円の負担増です。
そこまでして、平らな土地が必要でしょうか?それだけのお金を建物に掛けるなら、20帖前後の増床が見込めます。

上記プランは傾斜地をそのまま利用した、事務所付住宅のプランです。
擁壁工事をしませんので、その分ローコストに仕上がります。
必要以上に地面を掘り返さない為、地盤改良が不要になる可能性が大きいです。
また、キッチンとリビングの目線を揃える事が出来たり、高くなった床下を倉庫に利用する事が可能になります。
計画次第ですが、建物工事費には殆ど影響を与えずに済ます事も可能です。
斜面地は高くつくのは、平坦地にこだわる思考のせいです。柔軟に発想すれば道は開けます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)