狭小敷地に建つ家 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

狭小敷地に建つ家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●家を建てよう!!
画像は20坪の敷地に建つ都市型住宅です。
前面道路が狭く、周囲は建物が密集しており、一階には採光が期待できません。
その為、昼間生活するリビングは、採光が少しでも期待出来る、二階へ配置するケースが増えています。
ただ、普通の家は一階が大きく、二階が狭い事からも判る様に、リビングを二階に配置すると二階が大きくなりすぎます。
リビング・ダイニング・キッチン・洗面・浴室。特にリビングは多様化が顕著で応接を兼ねたリビング以外に、家族だけのファミリールーム、子供が自由に遊べるプレイルーム、ITに対応したパソコンルームが要求される様になっています。
これらを、素直に二階に配置すればそれだけで、敷地より大きい二階になりかねません。

そこで今回は、スキップフロアーによる解決方法を模索しました。
一階は寝室と洗面・浴室・トイレ。一階に水周りを持ってくると、二階リビングの場合、階段の上り下りが大変ですが、キッチンを中二階に配置する事により縦の動線を縮めています。
二階はリビング・ダイニング・ファミリールーム。中三階にプレイルームを配置しています。
二階からは、キッチンとプレイルームが空間的に一体となっており、半階づつ分散させる事で、二階床面積の節約を行っています。
また、二階の天井高を中三階の天井高レベルにあわせる事により、4.5mの天井高を確保しています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)