贈与資金を住宅建築の土地の取得に充てた場合 - 確定申告 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

贈与資金を住宅建築の土地の取得に充てた場合

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
資産運用と税金

父親からの贈与により取得した現金を、住宅建築のための土地の取得の対価に充てたときは、住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特別控除額1,000万円の適用はできますか。



住宅取得等資金の贈与を受けた場合の1,000万円控除の特例は、贈与により取得した資金を、一定の住宅用家屋の取得の対価に充てた場合に適用されます。
また、住宅用家屋とともにその敷地の用に供される土地を取得した場合にも適用があります。具体的には、建売住宅、分譲マンションの土地や家屋の新築請負契約と同時にした売買契約又は家屋の請負契約の締結を条件とした売買契約により取得した土地をいいます。

したがって、上記以外の土地については、住宅取得資金の贈与を受けた場合の1,000万円控除の特例は適用がありません。
しかし、土地の取得資金を贈与により取得した同一年中に別途住宅取得資金を当該贈与者から取得して、住宅取得資金の贈与を受けて相続時精算課税の特例を受ける場合には、その土地の取得資金についても相続時精算課税の適用を受けることになります。その結果、その土地の取得資金については、2,500万円の特別控除を適用することができます。

平成21年5月に父親から2,500万円の土地を取得するための資金の贈与を受け、その資金により土地を2,500万円で購入し、その後同年10月に父親から住宅取得資金として1,500万円の贈与を受け、5月に購入した土地の上に住宅を新築した場合、住宅取得資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税500万円と相続時精算課税の控除3,500万円の適用を受けることができます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用と税金」のコラム

2011年度税制改正大綱(2010/12/30 02:12)