親子会社間で無償で取引すると。。。【法人税】 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

親子会社間で無償で取引すると。。。【法人税】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
親子会社間で無償で取引すると。。。【法人税】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

一般的に親子会社間で取引することは多いと思います。
その際に、無償で異なる場合法人税法では、問題があります。

例えば、。。。次のような事例の場合を考えてみましょう。
親会社で使わなくなった機械を子会社に譲渡する場合、
時価が700万円で親会社の帳簿では500万円となっているにもかかわらず
子会社支援の目的で、無償で譲渡した場合
法人税法上の取扱はどうなるでしょうか。。。

直感的には、親会社の帳簿から500万円の機械がなくなるので
500万円の損失というイメージですが。。。

法人税では、まず機械の時価は700万円なので700万円と
500万円の差額200万円は売却益として認識します。
次に、時価700万円の売却代金を子会社から受取っていないので
子会社への寄付金700万円という経費を認識します。

ここで、寄付金(経費)700万円と売却益200万円で
差額が500万円だから、単純に損失500万円と考えがちですが。。。

法人税では、寄付金の限度額が定められています。
会社によってその限度額は異なります。

例えば、親会社の寄付金の限度額が700万円よりも少ない
場合には、損失の金額が500万円より少なくなります。

つまり、子会社支援の目的で機械を無償譲渡したことによって
親会社には、無駄な税金が課税されるリスクがあるということです。


親子会社間で、取引する場合の価格設定については
会社の顧問税理士さんと慎重に検討してから決定することを
お勧めします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
このメルマガを始めて先週は初めてお休みさせて頂きました。
今後の税制改正等を討論する会議があり、参加させて
頂いていました。民主党政権の目指すのは税金と社会保障
を一体化した制度改革です。実現に向けて解決すべき
問題点が多いようです
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
東京マラソンHP
 http://www.tokyo42195.org/
アースマラソンHP
 http://www.earth-marathon.com/
民主党マニフェストHP
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム