政務官人事、税制改革を担うチーム体制は○ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

平 仁
ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

政務官人事、税制改革を担うチーム体制は○

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
政治の話
財務担当の政務官にはともに1965年生まれの大串博志衆議院議員と
古本伸一郎衆議院議員が選出された。
正直なところ、お二人とも存じあげていなかったので、HPで人となりを
確認してみたところ、適任者の選出であることが理解できた。

まず、大串氏は財務省出身でアジア通貨危機の取りまとめやインドネシア
経済改革を日本側からサポートしてきた人物です。
また、古本氏はトヨタ労組出身ですが、HPには5年ビジョンを示し、
「税を見える様にする。国民共通の願望であり政治の最大のテーマ。」
と指摘するように、税制に対してもかなり造詣が深いようだ。
さらに、「若い官僚は実に有能である。彼らがポスト競争に疲弊し組織の
歯車となってしまう前に、政治家を支える、志あるスタッフとして、
国家と国民に貢献できる立法と行政の関係を構築していかなければならない。」
と指摘するなど、官僚と対立することではなく、官僚をいかに使いこなすか
を意識されているようだ。

内閣府政務官にも税制に精通したプロである財務省出身の田村謙治衆議院議員
(通称たむけん)が就任していますし、税制の構造改革を成し遂げるための
陣容は整ったと言えるでしょう。
内閣府に古川副大臣、田村政務官と財務省出身の税制の専門家が揃った
というのは、国家戦略室による税制改革展望を狙っているように感じますが、
いずれにしても国民のために政治家の本分を全うして頂きたいものですね。