国家戦略室、古川副大臣に期待 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国家戦略室、古川副大臣に期待

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
政治の話
鳩山新政権は国家戦略室と行政刷新会議の設置を決めた。
鳩山新政権の命運を握るであろう両組織であるが、国家戦略局については、
副総理でもある菅直人国家戦略相が担当し、菅氏ともにその要を担うことに
なったのが古川元久内閣府副大臣(国家戦略担当)である。
私は古川氏のポストがどこになるのか非常に注目していた。
彼が民主党では数少ないと言わざるを得ない税財政のプロだからである。

18日12時17分asahi.com記事によれば、
菅直人国家戦略担当相は閣議後の記者会見で、国家戦略室の役割について
「税財政の骨格、経済運営の基本方針、その他内閣の重要政策を企画、
立案、総合調整する。重大な任務だと思っている」と述べた。
という。
そうすると、財務相を会長とし副大臣を副会長とする新政府税調に対して、
国家戦略室からビジョンを提示する形になることが予想されよう。
それだけに、税財政のプロである財務省OBの古川氏に注目したい。

私は、古川氏と、やはり内閣府副大臣に任命された大塚耕平氏(日銀OB、
次の内閣財務副大臣)のいずれかが財務副大臣に任命されるのではないかと
予想していたが、両名とも内閣府副大臣であった。

菅氏に実力があることは周知のこととしても、税財政の専門家ではない以上、
財源問題の打開策を財務相らと対等に議論することは困難であろうから、
専門家で実働部隊としても動ける若手の両名の存在には大いに期待したい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「政治の話」のコラム