バリアフリー導入編(玄関) - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バリアフリー導入編(玄関)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
バリアフリーのポイント
バリアフリー改修なんてまだまだ先だよと思っていませんか?

皆さんがイメージされる段差なし住宅などに改修しなくても、普段不便に感じている場所に手を加えることも立派なバリアフリー改修といえます。


最近、玄関で靴の脱ぎ履きがひと苦労と感じてきたら、イスの設置をオススメします。写真はTOTOの製品で、邪魔なときは折りたたむこともできます。大工さんに造ってもらうと高くなる場合はこのような既製品で代用するのも手ですね。

また、玄関土間からあがり框(廊下の先端)まで段差があり昇降がきつくなってきたら、昇降台の設置をオススメします。ただし固定が必要なのでご注意を。


玄関に設置する手すりは、イスから立ち上がるときに使用されるなら「たて手すり(垂直)」をオススメします。手すりを握って立ち上がる動作をする際、一番ちからが入り易いからです。

反対に姿勢を維持したり、伝い歩きをされるなら「横手すり(水平)」の設置をオススメします。

次回は廊下編(1/15)です。


少しづつの改修で快適な生活をお送りください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「バリアフリーのポイント」のコラム

谷啓さんと福祉住環境(2010/09/22 01:09)

2009 国際福祉機器展 2(2009/10/01 08:10)

2009 国際福祉機器展 1(2009/09/30 10:09)

今年の国際福祉機器展(2009/09/07 18:09)