イデコ(個人型確定拠出年金)、始めていますか? - 資産形成 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

イデコ(個人型確定拠出年金)、始めていますか?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産形成
知らないと損するかも…のお話し


1.イデコが普及していないワケ

個人型確定拠出年金(以下イデコとする)は、現役世代のほぼ全員が加入できるようになって4ヶ月目だ。

実際の加入者は1月末時点で35万人超と、昨年12月と比較して約8%増加(厚生労働省調べ)。
ただし、全加入者数(約6,700万人)に対しての比率は0.5%弱。

加入者数は増えてはいるが、まだまだ認知されていないのが現状だ。

節税効果が高く老後資金作りに有利な制度にあるにも関わらず、なぜ普及しないのか?

その理由として、以下の2点が挙げられる。

1.金融機関が積極的に販売していない  

2.加入手続きが分かりにくい

1については、貯蓄型の保険や投資信託などに比べて、金融機関に入る手数料が低いため、販売に積極的ではないのだ。

ただ、そんな中、イデコに積極的に関わろうとしている金融機関もある。

りそな銀行は、イデコに関する質問を無料でFPに相談できるようにしている。

またみずほ銀行では、顧客が質問に答えることで、ロボットアドバイザーがイデコにおける資産配分を無料提供している。

2については、ネット証券などを利用した場合、金融機関から申込書を取り寄せ、記入するのだが、その申込書の3割~4割に記載不備・出し直しがあり、口座開設まで1ヶ月以上かかるケースもあるようだ。

また会社員がイデコ口座を開設する場合、その加入資格があることを事業主が証明する必要があるが、中小企業などではイデコの制度自体を把握していないケースがあり、手続きが円滑にすすんでいないが現実だ。

これらの煩雑な加入手続きを緩和・解消しようとする金融機関も出てきている。

ロボットアドバイザーを手がける「お金のデザイン」が出資する「MYDC」では、イデコの申込をオンラインで10分でできるようにしている。  

また、申込以外に商品選択や相談機能も用意している。


2.長期運用を左右する手数料に注意!

イデコ加入者の増加を図る金融機関が出てきているのは、すばらしいことだが、加入者はこれらのサービス以外の面にも目配せをする必要がある。

それは、長期運用を左右する手数料だ。  

「口座管理手数料」と、投資対象が投資信託などの場合に残高に対して発生する「信託報酬」などの手数料である。

口座管理手数料については、最安は年間2,004円。  

金融機関は、楽天証券(資産残高10万円以上)  

SBI証券、スルガ銀行(それぞれ資産残高50万円以上)

この手数料だが、高い金融機関では年間7,000円を超えるのだ。

信託報酬は毎月拠出することにより積立てられる残高に対して必ず発生する手数料であるため、かなり神経質になる必要がある。

信託報酬が安いファンドとしては、国内債券を投資対象としたもので、0.13%程度  

国内株式や先進国株式を投資対象としたもので、0.2%程度  

新興国株式を投資対象としたもので、0.4%程度

信託報酬が高いファンドになると1.5%~2%。  

その差(1%~2%)は長期投資にかなりの影響を及ぼすのだ。

イデコの口座を開設する場合は、イデコ対象商品の豊富さも含めたサービスと長期運用を左右する手数料のバランスを見た上で、選択していただきたい。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム

このコラムに類似したコラム

フィンテック(金融とITの融合)で資産運用が変わる? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2017/03/17 16:00)

政府が「積み立てNISA」の新設を検討 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/12/04 15:41)

日本の投資信託にコスト革命が! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/15 16:35)

「いつも広い視野で話が聞けるのでおもしろい」「老後の資産作りの参考にしたい」 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/02/08 09:37)

【2月4日天神:勉強会】2017年世界経済の見通しと、NISAやイデコを使った老後資金準備 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/01/14 10:44)