うつ病の分類(1) - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

銀座泰明クリニック 院長
東京都
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

うつ病の経過・予後は病気の種類にもよると考えられていますので、今回はこれについてご説明いたします。まず伝統的には以下の3分類と言われています。

外因性:脳器質性(外傷、腫瘍、卒中など)
      身体疾患、薬物などによる
内因性:脳の神経伝達、機能異常などによる
心因性:心理的な問題による

外因性の場合は総合病院や専門病院に通院・入院されていることがほとんどです。こちらのブログを読まれている方で、外因性の方は少ないことでしょう。治療としてはうつ症状もさることながら、身体の病気の治療を優先していただきます。

内因性はうつ病の中核となる種類です。「誘因なく」ということもありますが、多少の誘因・心因を認めることもあります。但し、それにしては落ち込みが深く、不眠、食欲不振、日内変動(午前に抑鬱が強い)など、身体性の症状が現れている時は内因性のうつ病として診断いたします。

心因性はどなたもなりえますが、治療は長引くことがあります。環境や性格に拠るところが大きく、それが変わらないことにはうつも良くならないからです。環境が変われば、直ぐに良くなることもありますし、変わらなければいつまでも続いたりします。また性格に原因がある時はこれに働きかける必要があります。(続く)

銀座泰明クリニック

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
銀座泰明クリニック 院長

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「うつ病」のコラム

うつ病の分類(4)(2007/02/23 00:02)

うつ病の分類(3)(2007/02/22 00:02)

うつ病の分類(2)(2007/02/21 00:02)

うつ病からの復職(4)(2007/02/19 00:02)

うつ病からの復職(3)(2007/02/18 00:02)

このコラムに類似したコラム

うつ病の原因について知っておきたいこと みき いちたろう - 心理カウンセラー(2016/07/27 09:48)

《聴心館》【心の炎・散歩路 No.7】精神疾患のお話。 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2014/10/31 17:16)

【コラムのつなぎ目】4/19 うつの話をしましょう 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/20 01:02)

【聴心記「心の炎」】第16回 魂(4)・・・・課題の向こうにあるもの 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/06/27 00:53)

【聴心記「心の炎」】第15回 魂(3)・・・・課題を知る 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/06/21 01:22)