日銀が国債を買占めるとどうなるか - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日銀が国債を買占めるとどうなるか

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

日銀は30日の金融政策決定会合で、現行の金融緩和の継続を決めました。

金融緩和とは、要するに日銀が日本銀行券を大量に刷り、
お金をじゃぶじゃぶにし、企業や個人がお金を借りやすくなるようにして、
投資を促す政策です。

主には、日銀が刷った日本銀行券(実際には電子情報のお金)で
市場に出回る日本国債を日銀が買い取る方法を採っています。

そのため、日本国債の保有者のうち、日銀の割合がどんどん高まっています。

国の借金1000兆円とよく言われますが、今年6月末時点で、
国債等約1037兆円のうち約28.5%を日銀が保有するようになっています。
(出所:日本銀行)

異次元の金融緩和が行われる前は、こんなにシェアは高くありませんでした。

今後も同じペースで日銀が国債の買い取りを進めると、
3年後あたりには、日銀の保有割合が50%を超えるとの試算もあるようです。

一方で、日銀が市場に出回る国債をほぼ吸い上げるため、
民間の金融機関は、国債を買いたくても、買いにくい状況があるようです。

買いたい人が多くて、売り物が少ないと、需給関係で国債の価格は上がり、
金利は下がります。

住宅ローンの金利が今、かなり低いのは、このためですね。

なので、今住宅ローンを新規で組む人、固定金利に借り換える人にとっては、
ある意味チャンスかもしれません。

では、このままどんどん日銀が国債を買い続けて大丈夫なのでしょうか。

このまま買い続けて、例えば、国の借金の半分以上が日銀保有となると、
さすがに日本国債の信用は崩れ始めそうです。

具体的に、S&P、ムーディーズ、といった格付け機関から格下げされると、
一斉に売りに出される可能性があります。

というのも、2007年夏以降の世界的な金融危機をきっかけに作られた
バーゼル3と呼ばれる国際的な自己資本比率規制があり、国内外の銀行は、
リスクの高い資産を過剰に持つと、達成すべき基準をクリアできなくなるため、
仮に日本国債がリスク資産扱いになると、売らざるを得なくなることがあるからです。

そうなると、国債の金利は急上昇。

政府による利払いが困難になる可能性があります。

円は急落し、増税、年金削減の話が急浮上するかもしれません。

なので、日本国債の格下げはとても怖いわけです。

ここに書いた趣旨の話は、コラムでも何度も書いていますが、
私たち一般の生活者にとって、別世界の話ではなく、とても関係のある話なので、
よく関心を持って、動きをチェックする必要があります。

今後も折に触れて、私なりの理解で説明していきたいと思っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

今年1年を振り返って(2016/12/22 18:12)

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

「国の借金額、ついに1053兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/05/15 18:00)

「日本銀行、ついに15兆9303億円保有!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/06/22 15:13)

今年1年を振り返って 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/22 18:17)

「超長期国債発行増の潜在リスク」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/18 11:41)

リスクオフ局面で、円が買われる理由 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/15 18:58)