【亀山ビル】(4)38.57坪+5.19坪=43.76坪 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社首都圏ビルマネジメント 代表取締役
東京都
相続&不動産コンサルタント
03-3574-9651
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【亀山ビル】(4)38.57坪+5.19坪=43.76坪

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
【不動産 虎の巻】 【失敗しないオフィス選び】 オフィスレポート
インデックス

◆失敗しないオフィス選び【亀山ビル】(4)契約面積編


オフィス選びにおいて、オフィスの契約面積に関するポイントについて一緒に見ていきましょう!


契約面積において、「事務室」と「その他」の比率は?


募集チラシには、契約面積が坪数や平米数で表示されています。
一般的に、オフィスは坪数で、マンションやアパートは平米数で表示されていることが多いでしょう。但し、事務所使用可能なマンションタイプ場合、混在しているように思います。
また、坪数と平米数の両方を表示しているケースもあります。

坪数=平米数×0.3025
平米数=坪数÷0.3025

端数は切り捨てられることが多いですが、ビルオーナー、算出した建築会社や仲介会社によって多少異なるようです。

一方、「坪数=平米数÷3.3」や「坪数=平米数÷3.305785」などにより、計算される方もおります。これは、400÷121=3.3057851239669421487603305785124・・・の上位をどこかで区切って使用しているのですが、厳密にいうと誤差がでます。

◆0.3025は「121/400」の結果であり割り切れますので、私はこちらを覚えて利用しております。

実際のオフィスの賃貸借契約では、小数点第2位または第3位までの坪数で表示しておりますので、3.305785でも大きな誤差はないようです。但し、3.3では誤差が出るでしょう。

38.57坪+5.19坪=43.76坪

亀山ビル9階の場合、
事務室:38.57坪(88.14%)
トイレ+給湯室+廊下=5.19坪(11.86%)
契約面積:43.76坪(100%)
となっています。

面積が小さいほど、事務室以外の面積比が大きくなります。


壁芯計算と内法計算

壁芯計算とは、壁の中心で算出する面積で、一般的にオフィスで採用されています。
一方、内法計算とは、壁の内側(部屋からみた壁面)にて算出する面積で、一般的にマンションで採用されています。

一般的に竣工図面で算出しているため、レイアウトを作成する場合、実際の候補フロアーにて実測することをおすすめします。特に壁芯計算を利用しているオフィスの場合、実測値との差が無視できない場合もありますので、注意が必要です。実測せずに購入した家具が入らないなどの場合も、自己責任となるでしょうから・・・


◆亀山ビルの最新募集情報


最新募集情報は、こちらをクリックしてください。
※満室の場合は、「該当するデータが見つかりませんでした。」というメッセージが表示されます。


インデックス


ダク・グループのスタッフ一同、皆様からのお声がけを心からお待ちしております。


ダク・グループ 阿部龍治
株式会社ダク・エンタープライズ
株式会社首都圏ビルマネジメント
クチコミ現場情報(スタッフブログ)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 相続&不動産コンサルタント)
株式会社首都圏ビルマネジメント 代表取締役

創業43年。年間500件(累計2万件超)の仲介実績/建物管理60棟

社員のモチベーション向上と組織の活性化に繋がるオフィス移転。そして、オーナー様の収益をしっかりと守ることができる安定した建物経営。不動産業務を中心に双方を包括的にサポートし、日本の会社が元気になれるお手伝いをします。

03-3574-9651
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「【不動産 虎の巻】」のコラム