サポーターのスタジアム清掃が「実は仕事を奪っている」という話 - 組織戦略・組織作り - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サポーターのスタジアム清掃が「実は仕事を奪っている」という話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織戦略・組織作り
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 ラグビーワールドカップに出場している日本代表が、強豪の南アフリカに勝ったということが、いろいろなメディアで大きく取り上げられています。

 海外のラグビー強国では、日本以上に取り上げられているらしく、そこでは日本のサポーターのマナーの良さ、涙ぐんで応援するような純粋さなどが、好感を持って受け止められているようです。

 

 この話と通じることで、サッカーの国際試合やワールドカップの時に、日本人サポーターが試合後のスタジアムでゴミ拾いをしていることが、海外メディアから「礼儀正しい」などと賞賛されたということがありました。

 

 こういう行動自体は、国際試合だけでなく、国内のリーグ戦や親善試合でもわりと日常的に行われていることですが、今でもたまに話題になるので、海外ではそれだけ珍しいことなのだろうと思います。

 日本人として褒められれば悪い気はしないですし、私は単純に良い行動だと思っていますが、あるコメントを見てちょっと考えさせられることがありました。

 

 それは、この行為が海外では、「スタジアムでの清掃を仕事としている人から、仕事を奪ってしまっている」というマナー違反として捉えられるという話です。

 それを仕事にしている人がいる限り、いくら親切心などであったとしても、他人の仕事を奪う行為は許されないという考え方なのだそうです。

 

 なるほどそういう視点があるのかと思いつつ、これと似た話は、日本の会社の中でも結構よくある話なのではないかと思いました。

 

 例えば、社内の清掃を社員と一緒になって行う社長の話があります。よくある捉え方は、「経営者の率先垂範」「偉ぶらずに社員目線で行動している」「社員との距離が近い」などという好意的な話です。

 ただ、これも視点を変えて考えると、社内清掃は「必ずやらなければならないが付加価値がある訳ではない仕事」ですから、例えば新入社員などの社内で最も給料が安い人がやる方が、経済合理性にはかなっています。

 

 秘書がついている経営者や役員が、スケジューリングや電話応対やコピー取りなどを全部自分でやり始めたりすれば、「秘書の仕事を奪っている」と言えるでしょうし、部下に教えればできる仕事なのに、上司がそれを自分で抱えこんでいたとしたら、これも同じく「部下の仕事を奪っている」と言えます。

 

 日本人の心情として、雑用のような仕事を他人にやらせることは、ついつい気が引けてしまうところがあります。

 これは、お互いの立場がイーブンな間柄であれば、雑用はみんなが分かち合うことで良いと思いますが、会社のようにそれぞれが担う役割が違っている場所では、経営者も役員も上司も、「自分以外でもできる仕事」はできるだけ他人にまかせ、「自分でなければできない仕事」に集中することが求められるはずです。

 

 ただ実際には、このあたりの意識が希薄で、上司も部下も同じような内容の仕事を、みんなで分かち合っている場面に出会うことが多々あります。

 特に上位の役職の人が、「自分がやるべき仕事」「自分でなければできない仕事」を把握していないことは、会社としても大きな問題です。

 

 スタジアム清掃の話が、海外の人たちから賞賛されるということは、ただ「仕事を奪っている」という観点だけでは語れない証拠です。

 「他人に迷惑をかけない」「自分のことは自分でする」ということは、日本人が持っている価値観として、とても大事なことですし、これからも大切にしていくべきだと思います。

 ただ、その一方で、「自分の役割に応じた行動を適切に選択する」という考え方も、常にどこかに持っておく必要があるだろうと思っています。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断