相続税が安い、ということが最良とは限らない - 遺言 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税が安い、ということが最良とは限らない

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言
経営 会計・税務

おはようございます、今日はアルツハイマーの日です。
これから先、益々重要度の高まる分野です。

遺言書についてお話をしています。
ある程度の現預金があると、遺言書で分割を具体的にするのにも楽なことを確認しました。

ここで相続税との関係を一言だけ。
相続税の性質上

・分割が難しい不動産などが多いと、相続税は安くなる傾向にある
・分割が容易な現預金や株式などが多いと、相続税は高くなる傾向にある

昨今、色々なところで言われる相続税対策は、実はやればやるほど分割は困難な方向に進んでいる可能性もあるということです。
相続税が安くなること「のみ」が正解ではない、ということは是非とも覚えておいて頂きたいところです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

現預金や保険の活用 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/11 07:00)

預金口座へのマイナンバー適用について 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/27 07:00)

揉めにくい遺産の内容 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/20 07:00)

≪東京相続ドットコム presents! 相続対策セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/07/06 10:37)

遺留分の減殺請求とその後の相続税の申告 近江 清秀 - 税理士(2012/05/07 08:00)