住宅とアンチエイジング - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅とアンチエイジング

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
年末に大掃除をして家の傷みに気づかれた方も案外いらっしゃるのでは・・?


目に見えるクロスの汚れなど表面的に気になる部分があるかもしれませんが、木造住宅を長持ちさせるには「構造部材の乾燥状態をいかに保つか」がポイントだと思います。(人間が皮膚の保湿が大切なのと逆)

木材の含水率が高い(含水率30%以上)と腐りやすい原因になる他、強度も低下します。
一方、絶乾状態(含水率0%)だと変形・ひび割れが発生しクギや固定金物が利かなくなってしまいます。

気乾状態(含水率15%前後)を保つためには、

◎天井裏・軒裏・床下の換気を保つ
◎屋根・外壁・バルコニーの下地(防水層)からの水の浸入を防ぐ
◎室内・外の温度差による結露を防ぐため、室内換気をこまめにする

などが挙げられます。
家が傷む前に専門家やご自身で点検されてはいかがでしょうか(^^)

このとき天井裏配線などをいじって、出火の原因にならぬよう火事にご注意ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)