アメリカ住宅価格の下落、止まらず! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ住宅価格の下落、止まらず!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
おはようございます!

相変わらずのアメリカの金融機関の破たんなどが続き、様々なコメントを求められ、結構大忙しとなっている今日この頃です。

さて、25日もアメリカの貯蓄金融機関(S&L)の最大手ワシントン・ミューチャルが経営破たんしました。

資産総額は32兆円ともいわれていますが、経営危機のうわさが流れる中、預金流出が止まらずに、資金繰り悪化から破たんに追い込まれました。

ただ、同社は「経営破たんは時間の問題」と言われていただけに、すでにJPモルガン・チェースが約2000億円で全預金を引き継ぐことが決まっていたので、市場ではさほどのサプライズではありませんでした。

通常、金融機関の破たんは「金曜の営業時間後」というのが“定説”ですが、市場の混乱をおさめるために、異例の木曜日の断行となりました。

同社は、住宅ローンを貸し出し、利ザヤで稼ぐビジネスモデルを展開していたため、住宅価格の下落を受けて、一気に資産内容が悪化しました。

しかし、まだまだこれでは終わらないでしょう。

23日にアメリカ連邦住宅公社監督局の発表によれば、7月の住宅価格指数は、前月に比べ0.6%下落し、前年同月比では5.3%の下落となっています。

前月比でのマイナスは5カ月連続となっており、依然、住宅価格の“底”は見えない状況となっています。

現在、サブプライムローンの延滞率は、20%程度と言われていますが、この拡大もさることながら、一般の住宅ローン(プライムローン)の延滞率4%程度が今後上昇していくようだと、金融破たんはまだまだ続くこととなるでしょう。

いずれにしても、予断の許せない状況がしばらく続くことに間違いはありません。

「備えあれば、憂いなし」

ここは、きっちり計画を立てて、準備しておきたいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム