“信用収縮”進む! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“信用収縮”進む!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
おはようございます!

さて、市場は大混乱ですね。
住宅金融公社に続き、リーマンの破たん、AIGの国有化など、株式市場は大きく下げています。

この影響を受けて、市場ではお金の「出し手」がいなくなり、日米欧が協調して米ドルの緊急供給を決定しました。

「金は天下の回りもの」と言いますが、「お金」が回らなくなると、私たちの生活は立ち行かなくなる一例ではないかと思います。

この“信用収縮”、“貸して不在”を受けて、信用市場では、信用保証料が急上昇しています。
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)という取引ですが、ベアー・スターンズ問題で大揺れに揺れた3月以来の高水準です。

そして、底の見えない状況の中、個人のお金も「投資から預金」にシフトし始めました。


ただ、株価は大幅に値を下げていますが、悪いことばかりではありません。

株価が下落したため、東証1部の予想配当利回りは、「2.04%」と、33年ぶりの高い水準です。
預貯金金利に比べ、魅力的な水準ではないでしょうか。

優良株は、“買い時!?”ということかもしれませんね。


いつも言うことですが、投資の世界は、“心理戦”です。

常に、冷静に行動できる人が、最終的には勝つことができます。


さて、皆さんは、この局面でどんな手を打つのでしょうか!?


本日メルマガ発行日です。

「金融市場の現状分析と取りうる対応策」について、私なりのコメントを書いていますので、宜しければお読みください。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

それでは、良き週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム