周りの人が自分の思う通りに動いてくれない - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

周りの人が自分の思う通りに動いてくれない

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
悩み相談 会社での人間関係


私自身もコーチをつけており、2週間に一回くらい対話をさせていただいております。

人間関係、ビジネス、キャリア、いろいろと幅広く相談に乗っていただいております。


先日は「人間関係」について相談させていただきました。

その時に気がついたことを今回は紹介させていただきます。


悩みの内容は…?

相談内容は自分の思う通りに動いてくれない人がいるということでした。


「自分は○○すべきだと思うのに、何故そのように動いてくれないんだろう」

「○○したほうが良いのに、何故してくれないんだろう」


このような悩みです。

皆さんも一度はこのような経験をしたことは無いですか?

自分が絶対的に正しいと思い、「わからずや!」と思ってしまう悩みですね。


私は「相手が変わるべきだ」と思い、そのことに悩んでいたわけです。

相手を変えるためにはどうしたらいいだろうかと。


他人は自分の鏡

では何故相手は自分の思う通りに動いてくれなかったと思いますか?

コーチからはこんなことを気付かせていただきました。


<変えたいと思っている人の立場から考える>

 ・自分が何を考えているかきちんと相手に伝わっていますか?

 ・相手に気を遣いすぎていませんか?

 ・本音を言ったらどうなるか、どう思われるか、本音のアウトプットを恐れている自分がいませんか?

 ・相手との関係性がうまくいっていない原因を相手だけに求めていませんか?


対話によってこのような質問をしていただき、原因は自分にあると気がつきました。 

他人は自分の鏡ともよくいいますが、自分(私自身)が本音をさらけ出すことをしていなかったため、対峙している相手はどのように動けばいいかわからず、結果お互いが「わからずや!」となっている状態なんだと気づくことができました。


相手にに対して「わからずや」と思っている時は、自分が自分の殻に閉じこもっている、臆病な状態だったんですね。

そこに気付くとあとは、その解決のために、行動を起こすことです。

どんな小さなことでもかまいません。


私の場合は、相手と対峙した時に、本音がいえるように「深呼吸をする」ということでした。

「深呼吸する」ことで、本音を言うぞというスイッチを入れてたんです。

そうとはいっても最初は難しかったですが、徐々に本音を伝えることができ、関係性が改善されました。


こういった自分一人では気づくことのできないことに気づき、行動を改善につなげる、素晴らしい機会をコーチから提供いただきました。

私もそんな機会を提供できる人間でありたいと改めて思いました。


今なら無料で相談が受けられます!

メールを利用しての無料お悩み相談を受付けております。

 ※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】人間関係のお悩み相談室

【無料】ビジネス上のお悩み相談室






このコラムに類似したコラム

人間の脳と人工知能 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/09 19:00)

他人を通して自分を見る 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/12/19 19:00)

腹が立った時には… 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/02/17 19:00)

一年後の自分を考えてみる 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/03 10:00)

人間関係を後悔しないために 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/12/25 19:00)