自己否定という美徳 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己否定という美徳

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 

 

「人を敬い、謙虚であれ」

 

この教え、素晴らしいでしょう?

 

我が子に教える親御さんも多いだろうと思います。

 

でもね、どんなに素晴らしいものであっても、やり過ぎは禁物。

 


「人を敬い、謙虚であれ」

 

と教え込むことに一生懸命になりすぎて、我が子を褒めることが疎かになり、批判ばかりしてしまうと、その子の自尊心は思うように育ちません。

 

それどころか、自尊心を持つことを傲慢であると感じたり、自己否定こそ美徳だと感じてしまうこともあります。

 

親から酷い言葉で批判され続けた子ほど、そうなる傾向にあります。

 

どうして親は我が子にそんな酷い言葉を浴びせるのでしょう?

 

もちろん、我が子を傷つけたくてやっているわけではないんですよ。

 

実は親自身が子どもの頃に自分の親からそうされてきたというケースが非常に多いです。

 

ですから、親も自己否定感を抱いているのですね。

 

でも、それはとても辛いことですので、一時的にでもその辛さから逃れようとするんです。

 

逃れるための手段として、子どもに暴言を吐くのです。

 

親は自分の自己否定感を和らげるために、子どもに酷い言葉をぶつけるのですね。

 

子どもを責めたり、罵ったりすることで、つかの間の勝利感や優越感を得ることが出来るので、それが自己否定感を和らげることに役立つのです。

 

それによって子どもは自己否定感を強めていきますが、よくよく考えてみれば、それは本来抱く必要のない否定感。

 

親によって半ば強制的に持たされたものなのです。

 

 


自分を肯定することは、対等なパートナーシップのためにとても重要です。

 

決して、自惚れでも傲慢でもありません。

 

自分を肯定できないと、本当の自分を隠すことに一生懸命になりすぎてしまいます。

 

でも本当の自分を隠しているので、たとえ人に囲まれていているときでも、自分だけ孤立しているように感じます。

 

もし隠しきれなくて、ほんのちょっとでもボロが出てしまうと、人との関わりから逃げ出したくなります。

 

その人が夫だった場合、夫からも逃げたくなります。

 


自分を肯定するための最初の一歩は、これまで自分を否定してきたことを認めてしまうことです。

 

とても勇気のいることですが、きっと出来ます。

 

支えが必要なときには、カウンセリングをご利用になってみてくださいね(^^♪

 

 

【サンデー毎日最新号に掲載されました】


「マッサン」の特集記事で夫婦愛について熱く語っております。

 

 

【ただいま募集中】

●あなたの時代が来ると信じて、今から準備しておきましょう。

12月2日「スクールでは教えてくれないメールカウンセラー実務講座」お申込み受付中です(^^♪

お問い合わせは、ふぃ~めぇる・みしま事務局までお願いしますm(_ _)m

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 


 

このコラムに類似したコラム

セックスの断り方 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/30 22:47)

激怒の世代連鎖 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/27 19:54)

夫のことが恥ずかしい 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/08/29 22:00)

自己評価が低い夫と一緒に暮らしていくために大切なこと 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/06/07 19:00)

夫の浮気相手に職場の女性が多いワケ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/19 21:00)