セックスレス・拒絶される痛みと拒絶する痛み - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セックスレス・拒絶される痛みと拒絶する痛み

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


性生活に関するお悩みはとてもデリケートなので、カウンセリングで扱うことが多いです。

 

お友だちと気軽に話せる内容ではないのですよね。

 

さて。

 

拒絶する側、される側、両方のお話を伺っていてわかることは、どちらの立場も苦しんでいるということ。

 

そして大抵の場合、拒絶される側は、相手の痛みに気づいておらず、自分だけが辛いと思い込んでいます。

 


例えば夫が妻に対してわだかまりがあって、性生活を拒絶する場合。

 


日常的に妻に不満を感じているものの、我慢してしまった。


自分から我慢をすると決めたけれど、度重なる我慢はやはり辛い。


そんな辛い思いをさせる妻には、出来ることなら近づきたくない。


だからセックスもしたくない。


なんだかんだ理由をつけて、拒絶する。

 

 

こんな流れでセックスレスに至ることが多いようです。

 

 

この状態に不満を感じる妻が性生活を求めると、夫は相手の求めに応じられない自分を責めます。

 

妻を苦しめるために拒絶しているわけではなくて、自分が辛さから逃れるために拒絶しているので、応じてあげられないことに罪悪感を抱くのですね。

 


このとき夫は二重の痛みに苦しんでいます。

 

ひとつは、これまでの生活の中で、妻に不満を感じて我慢してきたときの痛み。

 

それに加え、妻の求めに応じられない自分を責めることでも傷ついているんですね。

 


妻は、夫が自分に不満を抱いてきたことや、ずっと我慢を重ねたことに気づいていないことが多いです。

 

ですから、小手先のテクニックで、何とかして解決しようとしてしまいがちです。

 

そんなことされても、夫は妻に対する嫌悪感が増すばかりです。

 

だって、自分に嫌な思いをさせる相手が、色仕掛けで擦り寄ってくるんですよ?

 

自分が夫の立場だったら、ちょっと無理でしょ?

 


人は自分が辛くて苦しいとき、自分の辛さを相手にわかってもらうことに一生懸命になってしまいます。

 

でも、相手の気もちを理解しようとするというプロセスを経ないままセックスレス解消のために思いつく限りのことを色々やっても、なかなか上手くいかないものです。

 

もちろん、拒絶される側の痛みも相当なものだと思います。

 

ですがこの問題は、解決したい側が先に相手の痛みをわかってあげようとしなければ、どうにもなりません。

 

相手の優しさに胡座をかいてこなかったかどうか、これまでの生活を振り返ってみることから始めてみましょう。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 


 

このコラムに類似したコラム

永遠の愛を夢見るとセックスレスになる 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/18 15:25)

夫の気もちが離れ、二人の距離が広がっていく原因 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/05 23:38)

出産後のセックスレスを乗り越えられる妻の特徴 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/16 23:12)

夫婦仲が悪化するとオッパイが恋しくなる法則 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/14 20:06)

セックスの断り方 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/30 22:47)