「日銀 ついに第1位!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日銀 ついに第1位!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、今日は「日銀が第1位になった」お話です。

とはいえ、実はあまり喜ばしい話でもありません。

 

日銀が先日発表した2014年1-3月の資金循環統計によれば、日銀が保有する日本国債の3月末の残高が、何と民間銀行や保険会社を抜き、“第1位”になったとのことです。

残高は、前年比57.2%も増加し、過去最大の201兆円となりました。

 

3月末時点の国債の発行残高は998兆円ですので、保有割合は20%超となっています。

 

その他の保有主体を見てみると、

 

保険会社             193兆円(19.3%)

ゆうちょ・中小企業金融機関 159兆円(15.9%)

国内銀行             130兆円(13.0%)

公的金融機関           88兆円( 8.9%)

年金基金              34兆円( 3.4%)

家計                 21兆円( 2.1%)

海外                 84兆円( 8.4%)

 

などとなっています。

 

現在、日銀は、毎月発行される国債の約7割を購入し続けており、今後も着実に残高が増えていく状況です。

 

「紙幣の発行元が、増え続ける国の借金を買い進めている状況」

は、やはり個人的には違和感を覚えます。

 

上記のように、海外の国債保有比率も、以前に比べれば増加傾向にあります。

これ自体は悪いことではないですが、今後、国内での買い支えができなくなってきた時に、長期金利の急上昇が懸念されるところです。

 

とはいえ、日銀の“首位”は、当面安泰といってよいでしょう。

スポーツならば、喜ばしいのですが。。。

 

それでは、今週も穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日銀の国債保有額300兆円超え!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/09/04 13:20)

「ゆうちょ銀行、上場へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/10/23 16:51)

主要国の国債(長期金利)と債券のパフォーマンス動向(2012年6月1日~2013年5月31日) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/09 13:00)

金融市場動向を読み解く 講師真壁昭夫氏(東証セミナー)前篇 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/24 10:00)

セミナー参加2012年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/09 09:00)