任意加入被保険者だったときの未納期間も、受給資格期間に合算できます - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士
埼玉県
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意加入被保険者だったときの未納期間も、受給資格期間に合算できます

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
年金 年金のしくみ

年金機能強化法による一連の改正で、国民年金に任意加入していた人の取り扱いも一部変わりました。

 

昭和61年3月31日までの専業主婦等や、平成3年3月31日までの学生などのなかには、国民年金に加入する義務はなかったけど自由意思で加入していた人たちがいます。

その「任意加入被保険者」であった期間中に保険料を納めなかった期間について、これまでは年金を受け取る権利を得るための「受給資格期間」(原則25年、平成27年10月からは「10年」になる予定)から除外されていました。

未納は未納だから、ということですね。

 

これが、平成26年4月実施の改正により、受給資格期間に合算できることとなりました。

元々、加入しなくてもよい期間だったからですね。

 

 

改正後の取り扱いは、加入義務がないから加入しなかった人たちと同じ、「合算対象期間」(通称「カラ期間」)とされます。

つまり、受給資格期間には合算されるけど、老齢基礎年金の額の計算には反映されない、からっぽの期間です。

 

 

任意加入未納期間を受給資格期間に合算することにより年金の受給権が発生する場合、その受給権発生日は平成26年4月1日となります。

 

ただし、平成26年3月31日までに死亡した人については、その遺族に遺族年金が支給されることはありません。

 

 

なお、今回の措置は、昭和61年3月31日までに年金を受け取る権利が発生している「旧法」の受給権者は対象となりません。

 

 

《参考》 「合算対象期間」とは、次のような期間です。(日本年金機構HPより)

https://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3254

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 社会保険労務士)
社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士

お客様の「こころ」に寄り添う社労士でありたい

職場のメンタルヘルスと年金関連を得意分野としております。就業規則の作成や見直し、休職・復職規程、衛生委員会の運営指導、社会保険制度説明会等、原稿の執筆や講演、社員研修の講師依頼など、お気軽にお申し付けください。

カテゴリ 「年金」のコラム

このコラムに類似したコラム

未支給年金を請求できる人の範囲が拡大されました 服部 明美 - 社会保険労務士(2014/05/10 22:05)

国民年金は払い方が良いの? 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/07 08:46)

妻を亡くした男性の遺族年金が変わりました 服部 明美 - 社会保険労務士(2014/05/06 21:20)