夫の急死で収入を失い、年金もない60代女性の話 - 年金・社会保険全般 - 専門家プロファイル

社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士
埼玉県
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫の急死で収入を失い、年金もない60代女性の話

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 年金・社会保険全般
年金 年金のしくみ

60代の女性の、なんともやりきれないお話です。

 

ある日、自営業の旦那さんが急死しました。

保険が嫌いな頑固者だった旦那さんは、生命保険をかけていませんでした。

結婚以来ずっと専業主婦だったその女性は、どうやって生活していこうか悩みました。

 

そこで思い出したのが、独身時代に6年ほど加入していた厚生年金。

本当なら、すでに受給しているはずの年齢です。

しかし、旦那さんは国民年金も信用していなかったので、夫婦そろって未納でした。

そのため、年金を受け取る権利が発生せず、6年分の厚生年金も受け取れません。

 

年金相談員としては、何のお力にもなれません。

愚痴を聴いてさしあげることしかできません。

 

家屋敷を売って当面の生活資金にするとして、今から受け入れてくれる勤め先が見つかるでしょうか。

お子さんや親類縁者の援助は、受けられるでしょうか。

収入を得る手段が見つからなければ、最終的には、生活保護に頼るしかないのでしょうね。

 

 

生活保護といえば、今後、無年金者が多くなり、生活保護の申請も激増していくことが予想されます。

生活保護の財源は税金ですから、そちらのほうも心配です。

 

 

やはり、年金は大事です。

年金だけでは生活できないくらい少ないのは確かに現実ですが、生きている限りもらい続けることができます。

年金では足りない分を、自助努力で補うのが基本です。

もう一度、死ぬまでもらえるセーフティーネットとして、公的年金制度の意義をみなさんにも見直していただきたいのです。

 

年金の大切さについては、こちらのコラムもご覧いただければ幸いです。

「私もすでに、老齢厚生年金をもらっています(?)」

http://profile.ne.jp/w/c-63335/

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 社会保険労務士)
社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士

お客様の「こころ」に寄り添う社労士でありたい

職場のメンタルヘルスと年金関連を得意分野としております。就業規則の作成や見直し、休職・復職規程、衛生委員会の運営指導、社会保険制度説明会等、原稿の執筆や講演、社員研修の講師依頼など、お気軽にお申し付けください。

カテゴリ 「年金」のコラム

このコラムに類似したコラム

「100年安心」を謳った公的年金、本当に信用できるのか? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/17 11:09)

老齢年金は増えないと思った方がいい! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/16 11:12)

老後の生活に必要な準備資金を簡単に計算する方法 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/02 05:00)

国民年金保険料 引き下げ 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/24 22:00)

20代の38%いか年金をあてにしてません。 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/17 12:17)