「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
建築的 デザイン

マイケル・グリーン: 「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」
http://www.ted.com/talks/lang/ja/michael_green_why_we_should_build_wooden_skyscrapers.html

建物に入って、
コンクリートの柱に抱きつくような人は見たことありませんが、
木の建物だと、実際に抱きつく人を見かけます。

世界ではこの先20年以内で、30億人に新しい家が必要となります。
人はさらに都市へ集まります。

ビルにはコンクリートが使われますが、温室効果ガスであるCO2を発生させます。
木はCO2を効率よく吸着し、しかも陽の光だけで育ちます。

そこで私たちは30階建ての木造ビルに取り組んでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、要約。

なるほど。

ビルもこういうビルが増えてくれるといいなと思います。


以下、このプレゼンテーションを見ての
僕の感想です。


そう、“本物”の木の家に入ったことがある人は分かるでしょうが、
木の柱、木の壁には、ほお擦りしたくなるのです。

いやぁまったく同感、うまい表現をしますね。

※ニセモノの木の家の方が圧倒的に多いので、注意が必要です。



続いて、彼の取り組みへの
根拠がいくつか述べられていますが、


木はCO2吸着しますが、建築や家具に使われようと、
最後に燃やしてしまえば、CO2はすべて放出されます。

朽ちて土に帰っても放出されます。
永久に木に固定する方法は現実的には考えられません。

さらに、
「CO2、地球温暖化原因説」そのものがウソである、
という見方も多く登場していて、

加えて、
「地球は温暖化してない。むしろ寒冷化に向かっている」
とまでいわれています。

※地球の温暖化と、都市の温暖化を混同してはいけません。



そして結論についてですが、

僕にはどうしても、
30階建てのビルで過ごしたいとは思えません。

なぜなら、
地震があっても、火事があっても、
『高層』というだけで、かなりのリスクです。

リスクの高いものを、僕なら設計しません。


僕はやっぱり、2階建てくらいの木の建物がいいと思います。
木のカタマリみたいな建物が、
うんとたくさん世界中に散り散りに作られていく方が、
明るい未来があるように思います。


(…と考える僕にTEDへの出演依頼は一生ないのでしょう。チャンチャン。)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム

このコラムに類似したコラム

鉄骨梁の外し 松永 隆文 - 建築家(2015/12/22 09:29)

原発再稼働で注目されている重力加速度(gal) 福味 健治 - 建築家(2014/03/19 08:29)

国産無垢材の木の家 志田 茂 - 建築家(2013/11/04 18:00)

耐震改修・住み心地改善リフォーム見学会ご来場御礼 福味 健治 - 建築家(2013/05/27 08:44)

耐震について 細谷 健一 - 建築家(2012/09/01 13:53)