受付開始!【家族の関係が “自然に良くなる” 間取りのつくりかた】 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受付開始!【家族の関係が “自然に良くなる” 間取りのつくりかた】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
建築的 デザイン
こんにちは、須永豪です。

講座【家族の関係が “自然に良くなる” 間取りのつくりかた】
の受付開始です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

なぜ建築家は、何時間も何十時間もかけて、建て主さんの
「こんなふうに暮らしたい、こんなふうに生きたい」という
心の奥底に潜在している求めを紐解いていくのでしょうか?

なぜなら実際に、
『家族の関係が “自然に良くなる” 間取り』というのは、あるからです。

そのポイントは、
じつはたった3つの質問に集約されます。


【その壱】
『どの部屋と、どの部屋が繋がってて(出入りできるようなってて)ほしい?』

【その弐】
『どうしても1階に欲しい部屋は?どうしても2階がいい部屋は?』

【その参】
『コレを実現できなければ家を建てる意味がない!という最も大切な1つってなに?』

つまるところ、このたった3つです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の講座では、3つのポイントのうち、最も間取りに直結している
【その壱】
『どの部屋と、どの部屋が繋がってて(出入りできるようなってて)ほしい?』

この実際の例を見ながら解説していきます。


家づくりにおいては、
『どんな間取りにするか?』がいっちばん大事だと感じています。
「どんな素材、木材を選ぶか?」とか「どんな設備機器を入れるか」ということよりも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


【なぜ、間取りが大事なのか?】

ある住宅専門誌による、注文住宅を建てた経験者(言わば家づくりの先輩)への調査で、
「じつは家づくりで失敗しました」という人が、

なんと55%にものぼることがわかりました。


そのなかで
一番多かったのが「間取りの失敗」。これがじつに半数以上でした。

「素材で失敗」とか「設備機器で失敗」なら、あとからリフォームで直せるけど、
「間取りで失敗」だと、もう、どうにもならないんです。
(壁をぶち抜いたところで、裏の部屋がトイレだったら…意味ないですよね)

この先数十年とか、人生を終えるときまで暮らし続けるための家なら、
間取りは本当に大事ではないでしょうか?


建てた人の半数以上が失敗と答えた統計は、
昔から言われてる「家は三回建てないと、納得いくものにならない」
って話しとも似てる気がしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家を建てるときって、みんな初心者】

では、
「さて、家を…」と思った時に、誰を頼りましょう?

たとえば、
住宅会社の営業さんは、一生に一度の大きな買い物を、安心して進めていけるように、感じ良くサポートしてくれます。
工務店の担当者さんなら、見積をその場ではじきながら、一般的で堅実、現実的な家にまとめてくれます。
身近な大工さんに直接頼めば、少し安くやってくれます。
みんな、依頼・相談を受けてくれる、それぞれの道のスペシャリスト。

もしこういった方々に依頼するのなら、
「私は、こういう家を、欲っしてる」とハッキリ伝えることで、
彼らとのいい家づくりになってきます。

ただ、彼らは『設計の専門』ではないから、
あなたの内面や潜在した求めの引き出し方は、おそらく知らないです。

だからあなたが自分自身で『こういう家』を
『言葉』や『図』にできることが大事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【この講座でやることは?】

家づくりの業者の中で、
私、須永の場合は、設計の専門家です。

なので、
営業さんのような感じの良いトークとか、
工務店さんのように工事価格がパッと出せるとか、
大工さんのようにその場で棚が付けられるとか、

それは残念ながらできません。


その代わりに、
日頃から、『こういう家』を言葉や図にするのをやっています。

初めてお会いする人、家族に対して、
そのかたが、どんな家にしたがってるのか、
内に秘めている想いや、まだ言葉にもなっていない潜在した求めを引き出して、
『言葉』や『図』にして、最後には『形』にするのが、いつもやってる仕事です。


そういう経験の中で掴んだ最も大切な3つのポイント、
さらにその中でもいっちばん大事な、

『部屋と部屋の繋げかた』ついて、今まで誰にも見せなかった手の内が、
この講座でまるまる明らかになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【…この講座は、こんなかたに役立つ内容です】

 □ たぶん、いずれは家を持つと思うけど、まだ何も始めてない

 □ 上の子が保育園に行き始めたので、
  小学校に上がる前に定住場所を固めたい

 □ 今ちょうど住宅会社と打合せ中で、まだ工事は始まっていない
  (間取りの変更が、まだ間に合う)

 □ 意識してなかった潜在的なところで、どんな人生の器を求めてるのか
  ちゃんと明らかにしたい


※参加費は、今回は初めての講座なので『無料』にしました。
お申込は先着順になります。このメールへの返信でお申込いただけます。

須永 豪

=============================

【家族の関係が “自然に良くなる” 間取りのつくりかた】

日程/2015年10月25日(日)
開始/14:00~終了15:30 (定刻にスタートします。時間まではカフェでお過ごしください)
場所/カフェ憩の森 松本市城山11-17 TEL 0263-38-7660
http://www.cafeikoinomori.com/
参加費/0円 +喫茶か食事をお一人様1オーダーご注文をお願いします
定員/30名
(お子さんもご一緒にどうぞ。すぐ隣は公園です)
駐車場/無料・城山公園駐車場を利用(カフェ憩の森 駐車場はご遠慮ください)
申込み/須永豪 sd@sunaga.org 090-1836-1049
持ち物/特になし(必要なかたは筆記用具程度)

喫茶・食事/おひとり1オーダーをご注文ください(各自清算)。10時〜18時までお食事・喫茶がご利用いただけます。
メニュー→http://www.cafeikoinomori.com/?p=86
(評判なのは、キーマカレー、自家焙煎コーヒー、酵素玄米のおにぎりなど)

※お席をご用意する関係上、お申込後のキャンセルはご遠慮願います。

(住宅関連のお仕事をされてるかたのご参加もOKです。
ご参加には3000円を頂戴いたします。お申込の際にご申告ください)

=============================

このお知らせはフェイスブックでも(微妙な写真付きで↓)ご覧いただけます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=898114273602500


関連記事1【いよいよ講座をやります!】
五角形、楕円、『く』の字、どうして、こんなにヘンな間取りになってるの?それにはちゃんとした理由がありました。
家族には、それぞれその家族ならではの形があるのをご存知でしょうか?…
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=894292590651335


関連記事2【建築家はもういらないね〜】
『その家族のカタチ』を見つけて、それを間取り化する。人間関係の距離や、関わり方の濃淡を調整できるのが間取り。
たとえばね、『子ども部屋』ひとつとっても、子どもとどんな関わりかたを望んでるかによって、間取りは変わり…
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=895784283835499


関連記事3【住宅業界のかたはご遠慮を…って】
https://www.facebook.com/sunaga.go/posts/897630906984170

(フェイスブックでの『友達申請』は気軽にどうぞ。メッセージなしで大丈夫です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■須永豪 プロフィール
1975年 東京都東村山市 生まれ
1994-1995年 アコースティックギター製作
1996-2001年 設計事務所勤務(@東京都内)
2001年 須永豪・サバイバルデザイン設立(@東京都武蔵野市)
2008年 東京都武蔵野市から長野県松本市へ移住
2009年 住宅『杉シェルター(じくばん造)』で日本建築士会連合会賞 奨励賞、
日本建築学会 作品選集 選出、住まいの環境デザインアワード奨励賞、
日本建築家協会新人賞上位15ノミネートなど
2011年 子どもたちへの『命を守る授業』を開始

著書:住宅作家になるためのノート(彰国社)

住宅誌:住宅特集、日経アーキテクチュア、Lives、など多数掲載

テレビ:建もの探訪
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono_old/html/housou/09/090329.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

このメールはお知り合いなどへ転送していただいて構いません。
この情報を本当に必要とされてるかたへ、どうぞ繋がりますように。



須永豪・サバイバルデザイン
http://sunaga.org

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム

このコラムに類似したコラム

建築家相談~パナソニックショールーム~ 三竹 忍 - 建築家(2016/10/01 09:25)

家づくり相談会「住スタイルTOKYO2016」出展 三竹 忍 - 建築家(2016/05/28 08:00)

ハウスメーカーや建築家との注文住宅の解約に関するご相談 受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/04/03 12:00)

4月の理想の家勉強会 富樫 孝幸 - 建築家(2016/03/29 12:00)

ハウスメーカーや建築家との注文住宅の契約を解約したい! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/03/07 13:00)