【夫婦問題の根本原因】「悪い私」をず~っと感じ続けていると・・・ - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【夫婦問題の根本原因】「悪い私」をず~っと感じ続けていると・・・

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 カウンセリングについて

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

何かにつけて「正しい」「間違えている」ということにこだわる人っていますよね。

 

そういう人は、もしかすると自分のことを「悪い私」だと責めて、心が傷ついているのかもしれません。


その人が本当に悪いかどうかはわかりませんよ?

 

例えば子どもの頃に親御さんから大切にされていないと感じて、その原因を

 

「私が悪い子だからだ」

 

と勘違いしてしまい、その誤解を解かないまま成長したのかもしれません。

 

 

「罪は●●べき」

 


●●の中に入ることばは何だと思いますか?

 

大抵の人は「償う」と入れるのではないでしょうか。

 

「私は悪い」と感じている人は、自分は悪い存在なのだから、罪を償わなければならないと思ってしまいがちです。

 

でも、罪を償うなんて、まっぴらだとも感じます。


だから私たちは、「私は悪い」と感じれば感じるほど、「いやいや、私は悪くない」と思いたくなります。

 


そんなことから、「私は悪い」と感じていると、どうにかして償いや罰から逃れようとして、疑われてもいないのに、自分の身の潔白を主張しようと一生懸命になったり

 

「私は悪くない。悪いのは、あなたよ!」

 

と、物事を正しいか間違えているかで判断しようとしたり

 

「私はこんなに酷い目に遭ったのよ!」

 

と、自分が被害者になることで、相手を加害者にしたくなります。


でも、夫婦間に問題が起きたとき、正しさを主張しても解決には至らないことが多いです。

 

正しさを主張して手に入るのは、愛情じゃなくて、「正しさ」だからなんですね。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

このコラムに類似したコラム

【お悩み相談】私は風邪もひけないのでしょうか 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/02/19 20:00)

親のせいで結婚に失敗した 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/04 17:56)

夫婦問題に悩む母親にありがちな子育て 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/18 21:00)

夫婦問題と子どもの問題 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/03 17:37)

幸せなパートナーシップの妨げとなるもの 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/03/19 21:40)