必要に迫られる起業、楽しむための起業 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

必要に迫られる起業、楽しむための起業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

 人生を楽しく過ごせる人と、過ごせない人の違いは、偶発的な出来事を楽しむ人と、恐れる人の違いと心理学者は言います。ビジネスですと、取引相手との間にトラブルが起こったとき、解決方法をあれこれ楽しんで探すタイプと、気が重くなって沈んでしまうタイプの違いです。解決のためやることは同じでも、心構えによってストレスはまるで違います。

 これを起業に当てはめますと、自分から起業を考えるタイプと、必要に迫られ起業を考えるタイプの違いです。起業方法は一人一人違いますが、起業を考えるきっかけは似ています。今最も多いのは、勤めている会社の経営状態が悪く、この先を考えると転職や起業を考えざるを得ない人たちです。大量の希望退職を募集している会社に勤める人です。

 人生の節目をタイミングと考える人もいます。両親のどちらかが亡くなって、自分の人生を振り返ったときに起業を考える人がいます。また、30代、40代、50代といった年齢の大台が見えたときに、区切りとしてその大台に乗るまでに起業実現を考える人がいます。起業へと進む道は同じでも、そのきっかけはほんと色々です。

 子どものときから起業を考えていたと言う人もいますが、後々まで覚えているかどうかは別にして、空想癖のある子どもなら誰もが会社経営は考えるものです。実際に大人になって起業するか、どうかは別問題です。起業は、その人の生き方そのものですから、思いつきだけでは残念ながら実現することはできません。

 そこで大事なことです。起業する場合も、必要に迫られ沈んだ気持ちで取り掛かるより、自分から先を読んで準備した起業のほうが、楽しい起業ができます。起業家が楽しいビジネスをしますと、お客さんも楽しくなります。楽しい店には、お客さんは集まってきます。最初の心構えによって、起業はまったく違ったものになります。

【一言】
 景気がよくなっているとはいえ、働いている会社が希望退職を募集していて、起業するか、新たな職を探すか悩んでいる人が大勢います。わたしはメール相談などで、起業と転職とを同じ次元で考えないことを勧めています。仕事を得て収入を得ることは同じですが、そのプロセスや安定性、今後の展開などまったく違っています。起業はその人の生き方ですから、安易に考えない方がよいです。


このコラムに類似したコラム

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

嫌われない起業家になるために 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/18 21:26)