マスコミに起業した会社が取り上げられると - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マスコミに起業した会社が取り上げられると

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 起業間近な人から、「うちの会社をマスコミが取り上げてくれたら、起業の成功は間違いないのに・・」と言った話をよく聞きます。また起業後、売上げの伸びない経営者からも、「マスコミ向けにリリースを出したいのですが、どうしたらよいですか」と言った質問を受けます。

 開業した会社にとって、社名や商品名がマスコミで取り上げられると、ビジネスには大きなプラスにはなります。お客さんに知ってもらうことで、売上げが大きく上昇する、きっかけになることは間違いありません。ただ、起業した会社にとっては、ほんの一瞬のことです。

 何年も、何十年も続けようとするビジネスで、一週間や一月間だけ一時的に売上げが上昇しても、その後の対応を考えたことがありますかと言いたいです。テレビにしろ、新聞にしろ、情報は毎日休みなく発信されますから、店名や商品名が知られるにしても数日間のこと。

 逆に、そのためにこつこつ努力する経営を怠り、一時的なカンフル剤に頼ることを覚える方が大問題です。これまで起業ブームや、ベンチャーブームなどで、とてもマスコミから好かれ、よくテレビや新聞、雑誌などに取り上げられた経営者がいました。多くの人は、直ぐに消えています。

 わが国は、マスコミによる経営者の評価が甘いため、有名な人は失敗を続けても再度のチャレンジが可能です。ところが社会は反対に、起業の失敗には厳しいところから、再チャレンジは難しくなります。起業の場合、一度つまずきますと、その後に再起業のチャンスはそうそうありません。

 まだ経営の力不足の時から、安易にマスコミに取り上げられ、その後に失敗するよりは、初めから経営の足腰をしっかり鍛えておくことが重要です。マスコミ対応は、こちらからお願いするより、あちらから取材させてくださいと、お願いされるように実績作りをすることです。

このコラムに類似したコラム

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

議論を避ける日本人と起業との関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/11 20:42)

起業するときのイノベーション考 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/01 20:17)