脱サラでUターン起業を考えるなら - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱サラでUターン起業を考えるなら

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 年末年始を出身地に帰って過ごすUターンの人にとって、短期間の田舎生活は、起業について考える気付きの時でもあります。都市部と違って田舎には、起業の芽となりそうな素材や催しが、いくらでもありそうな気がします。ただ、実際にビジネスにしようとすると、そこには難問がいくつもあるのですが。

 最近は、過疎化の進む地方においても、新たなビジネスを広げようとする動きが各地で起きています。特に、地元大学や高校などが、これまで見向きもしなかった素材を使って、新商品を開発しようとする動きは目を見張ります。各地の学校と地元企業との産学連携は今や一大ブームの様相です。

 田舎に帰っての起業話は、酒の上での盛り上がりだけでなく、しっかり地に足のついた話にする必要があります。視点を少し変えますと、田舎に住んでいる人たちも、自分たちの生活を安定させるために、都市部から帰った人たちの情報をツテに、少しでもビジネスに結び付けようとしています。

 先日、来年春のUターンを目指す人から、起業に関する知識を仕入れるには、帰る前にした方がよいのか、田舎に帰ってからしたほうがよいのか、相談されました。はっきりしていることは、少しでも情報は多いほうが起業は成功する確率が高まります。少ない情報での起業は失敗のもとです。

 それを考えると、都市部で生活しているときから、少しでも起業する方法を学んでいたほうが、田舎でネットを頼りに行うよりは役に立ちます。出来たら、都市部で関連する施設を見て回ることもできます。年末の忙しい時期ですが、その中でも起業を考える時間をとることは大事です。

このコラムに類似したコラム

脱サラの前に考えるべき事 野本 愛貴 - 起業コンサルタント(2010/10/02 10:47)

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

議論を避ける日本人と起業との関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/11 20:42)