シングルマザーの人生を変える映画 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シングルマザーの人生を変える映画

- good

夫婦問題 映画・ドラマに学ぶ夫婦問題

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

たまにクライアント様に映画をお勧めしています。

 

映画館へ行くのは高いですから、お勧めするのは、もっぱら旧作のレンタルばかりです。


離婚後のケアのためにカウンセリングをお受け下さっている方は、お子さんとの接し方に迷いが生じることが多いのですが、そういう方には

 

「エリン・ブロコビッチ」

 

をお勧めしてます。

 

(ただし、観るのは、しっかり嘆いたり、悲しんだりした後です)

 

離婚後、お母さんがお仕事をたくさん頑張ると、暮らし向きは少し楽になります。

 

でもお子さんは、どうでしょう?

 

離婚によって、お父さんと離れ離れになってしまった。

 

それに加え、お母さんと接する時間が極端に減ってしまった。

 

お子さんは、いっぺんに両親を失ってしまったかのような寂しさを味わうかもしれません。

 


離婚を経験すると、親は人生の意味を探すため、あるいは、自分の存在価値を確認するために、外の世界に新たな境地を求めたくなります。

 

一方子どもは、家庭内に安心や安定、親の関心というものを、これまで以上に求めたくなります。

 

求めるものが、正反対ですよね。


そんなことから、お子さんがお母さんに

 

「もっと抱っこして欲しいなぁ」

 

と思っているときに、お母さんは

 

「ママ、お仕事いっぱい頑張るから、一緒に幸せになろうね」

 

とか


「ママはあなたのために一生懸命働いているのよ。疲れているんだから、休ませてよ」

 

なんて言ってしまうかもしれません。

 


「エリン・ブロコビッチ」は、元気が出る映画という評価を受けることが多い作品ですが、シングルマザーが仕事中心の生活をすることが子どもにどう影響するのか、ということを考えるのに適した作品です。

 

忙しく働くことを幼いお子さんに理解してもらいたくなったら

 

「あなたのために働いているのに」

 

と言ってしまう前に、ぜひ観てください。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

母子家庭の母親の恋愛…2 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/17 18:47)

母子家庭の母親の恋愛…1 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/16 15:06)

離婚後の生活は甘くない 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/07 12:00)

消費税引き上げと夫婦問題 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/18 11:00)

離婚後の子どものケア 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/15 14:00)