新築かリフォームか - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新築かリフォームか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

建替え新築かリフォームかどちらにしようか悩むのは、自宅を何とかしようと思う人共通の悩みです。
一般の方は予算の都合で新築かリフォームかを決めることが多い様に思います。私は予算だけでお勧めすることはありません。
建物の状態やクライアントの年齢、ライフスタイル・ライフサイクル等を考え合わせて、家をどうするか考えます。予算が無くても新築をお勧めする場合もあります。その様な場合は、後で幾らでも良くすることの出来る部位には極力費用を掛けず、後で手を加えるのが不可能な部分やお金が大きく掛かってしまう部位にお金を集中させます。
逆に、予算が余っていても、建物そのものが物理的耐用年数に到達せず、クライアントが一度の改修で一生過ごす事が可能な状態の家であれば、リフォームを勧めています。

予算は重要ですが、無ければ無いなりに家の建て方はあります。世間相場でリフォーム・新築と決めつけずまずは、ベストな選択をするために専門家の意見を聞かれる事をお勧めします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

50代と家(1) 志田 茂 - 建築家(2013/11/13 20:21)

家族大好きな人のための家づくり相談 志田 茂 - 建築家(2013/08/16 22:30)

リフォームでも家に名前をつける 志田 茂 - 建築家(2013/06/12 11:28)

子供が楽しい家(後) 志田 茂 - 建築家(2013/06/01 08:00)

家に名前をつける 志田 茂 - 建築家(2013/03/28 13:25)