脳のトレーニング効果を確認する方法(動画) - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脳のトレーニング効果を確認する方法(動画)

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

株式会社サイバー・ヨガ研究所の辻です。

 

脳波や脳血流を指標とする脳のトレーニングはそれ自体でトレーニング効果が上がったかどうかは判別が困難といえます。

もう少し詳しく説明しますと、例えば、

競技中において最高の精神状態とされる「ピークパフォーマンス」や「ゾーン」と呼ばれる脳波にいつでもコントロールできるようになったとしても、

実際の競技パフォーマンスが向上するかどうかはそれだけでは判断できないというわけです。

そこで当スタジオでは、きちんとトレーニング効果が認められたかどうかを、

動作の反応速度の向上や、動作ミスの減少を測定することで検証しています(下記動画参照)。

 (この「○×トレーニング」は最も基本的なプログラムです。)

体格差や性差、年齢、人種などの違いにより、最適な脳波には個人差があります

このテストの導入により、その脳波がその個人に対して最適な脳波であるかどうかが確認できます

この当スタジオ独自の試みにより脳波トレーニングの効果不判定率が極めて減少しました。

※脳のトレーニングとしては海外のオリンピックチームでも採用されています。

今までいくつかのトレーニング施設で脳のトレーニングを受けてきた結果、

トレーニング効果がほとんど得られなかったお客様からのお問い合わせや来客が最近とても増えてきています。

ACミランの選手同様に高性能のマシーンを用いた正しい脳のトレーニングプログラムにより、

競技中や就業中のパフォーマンスを向上させたい方
はどうぞ一度お問い合わせください。

まずは、初回カウンセリング」で自律神経バランスや脳の活性状態をテストし、

その後に個別のトレーニングプログラムを一緒に構築していく流れとなります。

筑波大学発ベンチャー株式会社サイバー・ヨガ研究所代表取締役 辻 良史

無敗脳ヨガ」ブログ

このコラムに類似したコラム

脳を鍛えるか?自律神経を鍛えるか? 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/14 08:00)

メンタルトレーニング vs 根性論 ◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/18 23:47)

ストレスというバーベルを持ち上げよう!◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/09/25 17:51)

科学的に感覚を研ぎ澄ませるトレーニング法! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/10/29 07:00)