若い人でもバリアフリーに気を使うべきか? - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

若い人でもバリアフリーに気を使うべきか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

住宅問題で、今のバリアフリーの考え方には問題があると考えています。
手摺りや段差解消だけで、本当に健全な生活を営む事が出来るのでしょうか。

仮に家の中を全て手摺り付・段差ゼロにしても一歩外出すれば、バリアだらけです。バリアに抵抗する体力をつけるのが先決ではないでしょうか。中には、もうその体力が無いと云う人もおられます。その方を対象にするのであれば、現行制度に文句はありません。
助成金は、介護度により助成されますので、それは良いのですが、フラット35や長期優良住宅のバリアフリー優遇制度は、介護度に関係なく予防的な意味でバリアフリーを勧めています。

これは、後々の為の措置と考えても、後々でなくてもあれば頼ってしまうのが人の心理です。カーナビが良い例で、カーナビを導入してから、道を殆ど覚えなくなりました。何度も行った事のある場所でもカーナビが無ければ行けなくなるのです。
家の中で段差の無い生活をしていれば、アウトドアで転倒の危険性が増大するのではと思うのです。
動ける間は、出来るだけ動いて体力の強化に努める事が大切ではないでしょうか。
無理して体を動かさねばならない、環境で生活した方が健康的かなと思うのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

天然木無垢材でつくった自宅トイレ周辺の手すり 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2013/04/06 22:32)

たかがペーパーホルダー、されどペーパーホルダー 富樫 孝幸 - 建築家(2011/11/19 10:00)

将来を見越したバリアフリー/小日向の住宅 堀 紳一朗 - 一級建築士(2013/10/26 10:00)

バリアフリー住宅の模型が完成 富樫 孝幸 - 建築家(2013/07/29 11:04)

二世帯住宅 菊池 克弘 - 建築家(2012/10/16 16:00)