睡眠専門家と歩く「快眠への道」 1-3 <睡眠時間> 男性と大きく違う女性の眠り - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠専門家と歩く「快眠への道」 1-3 <睡眠時間> 男性と大きく違う女性の眠り

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
睡眠知識 睡眠専門家の快眠道

みなさん! よく眠れていますか??

 睡眠は十人十色。自分の快眠スタイルを見つけるための、睡眠知識を提供していきます。

 さて今日は・・・  「男性と違う女性の眠り」です。

 みなさん! 男女の眠りの違いって、あまり意識されたことがないのではないでしょうか? 実は、睡眠について言えば、男女では大きな差があるのです。

 「女性の考えていることは、よくわからん・・・」と思っている男性のみなさんも、今日のコラムをきっかけに、男と女には、異なる部分が多いということに気付くきっかっけにしてくださいね。

 その違いは、ホルモン分泌によるものです。

 男性は、ホルモン分泌に周期性はありません。それゆえ、眠りにも大きな変化はありません。しかし、女性の場合は、ホルモン周期があります。約1カ月の中で、睡眠時間、眠りの質が大きく変化します。 その周期は、月経周期です。

 一般的に、月経周期は28日で、 月経が終わった直後から次の月経までの半分の前半の時期を、「卵胞期」と呼びます。活動が活発になり、眠気は抑えられ、睡眠時間も自然と減少します。

 後半の時期を「黄体期」とよびます。 この時期は、起きるのが辛く、倦怠感が強く、強い眠気に襲われます。精神的にも不安定になり、睡眠時間も不規則になりがちです。

 これは、子供を産むためのメカニズム。 多くのエネルギーを使う月経や出産に備えて、できるだけ体を休めようとする働きです。

 人生のスパでみると、人生の後半には、閉経による更年期障害が起こります。これによる不眠で悩む女性の方は多いです。

 男性にも、女性の眠りの変化を知ってほしいと思い、今日のコラムのテーマにしました。

  「 睡眠に関しては、男女の眠りは、まったく違う!」

 

 ****   サービスのご紹介 ****

 私たちは、学生の教育プログラムで睡眠知識の教育をうけていません。だか

ら知らなく当たり前なんです。しかし、今の24時間社会では、健やかに、イ

キイキと生活するためには、自己防衛策として最低知ってほしい睡眠知識があ

ります。

 睡眠改善で「眠ることが楽しくなり」、イキイキとした生活を過ごしません

か?

 プロフィールのURLは、

 http://profile.ne.jp/pf/suimin-rikita/


サービスラインナップは、

◆「これであなたもぐっすり眠れる!快眠サポートメール相談」 

「寝付けない」「起きれない」「日中の眠気が強い」そんな症状で悩んでいま

せんか?

  http://profile.ne.jp/s/s-4964/

◆「おススメ! これでぐっすり 快眠サポート電話相談(30分)」

  http://profile.ne.jp/s/s-5108/

  「おススメ! これでぐっすり 快眠サポート電話相談(50分)」

    http://profile.ne.jp/s/s-5107/

 電話相談は、メール相談と比べて、すぐに、あなたに適したアドバイス情報

が可能です。。手軽さと即効性で、一緒に、あなたの快眠スタイルを見つけて

、イキイキ生活の自分に変えていきましょう!

***********************************

「生活で活かせる睡眠衛生12のポイント(睡眠衛生とは、良質な睡眠のため

に、生活習慣や睡眠環境を整えること)」

の特別レポート(PDF)を、30分以上の電話相談の方に、参考資料として

プレゼントいたします。

***********************************

<利用者の声>
・力田先生は、体のサイクルの説明を交えながら、優しい口調でお話をしてい

ただき、リラックスしてお話を聞くことが出来ました。
自分の睡眠に関しても、思いがけない発見がありました。
これから睡眠の質改善に向けて力を抜きつつ努力していきたいと思います。
ありがとうござました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
(匿名 20代 女性 アメリカ在住)
 

現在4人に1人は、睡眠障害と言われています。

ここ数年、睡眠情報は容易に知ることができます。しかし、睡眠改善のポイン

トはなかなか分かりにくいものです。なぜなら、睡眠は十人十色。自分と向き

合い、自分の快眠スタイルを見つけることが大事だからです。

「眠ることが楽しみ!」になることを目指して一緒に睡眠改善していきましょ

う!

◆「ちょっと睡眠をしりたいなあ」人向け。
睡眠の大切さを考えるきっかけになる、知ってほしい睡眠知識をクイズ形式で

提供します。

「クイズ形式で、楽しみながら、大切な睡眠のポイントを知りましょう(^^


<総論型> クイズ形式! 睡眠って、そうなんだ!」

http://profile.ne.jp/s/s-4608/

このコラムに類似したコラム

家事は誰がする? 子育て期のモヤモヤ解消に役立つ視点 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2013/02/19 11:23)

睡眠専門家の < 今日の言葉 > 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/29 09:00)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「睡眠の2つの大きなメカニズム」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/12 22:48)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「SSとLSの性格傾向」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/05 21:36)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「男と女 眠りが上手はどっち?」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/02 13:37)