キッチンの配列 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キッチンの配列

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

壁に向かうI型キッチンの設計を最近行いました。古くからある配列で、狭い空間を有効に利用出来る点では他の配列よりも優れています。I型キッチンでも以前と変わってきているのは、カップボード・冷蔵庫・炊飯家電等の置き場所です。キッチンそのものはリビングやダイニングから見えても、付随するそれらのものを、家事室やパントリー等に収納しているのです。
キッチンを一つの家具として捉えると、I型キッチンも新しい視点で捉え直す事が出来ます。付随するゴチャゴチャが、キッチンに潤いのない作業する場のイメージを与えていたのでしょう。
リビングからキッチンしか見えない空間は、居心地がよくキッチンに立つ事も作業ではなく趣味の一環として料理を作っている気分にしてくれるみたいです。
最近のキッチンはスタイリッシュですので、思い切った配色も気分を変えてくれるでしょう。以前のキッチンに比べ、掃除のし易さは格段に向上しています。調理設備と考える発想は止めて調度品を置く様な感覚でキッチンレイアウトを見直してみませんか。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

ぐるっと回れる楽しさも、心地よさ 小形 徹 - 建築家(2010/12/11 22:31)

ボリュームが見えてきました 松永 隆文 - 建築家(2014/04/11 18:26)

「いい家」と呼ばれる家に時代を超えて共通することとは 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/03/31 23:42)

前橋の平屋の家 ダイニングのイメージ図 栗原 守 - 建築家(2014/03/18 16:29)

家事室からの手紙 三竹 忍 - 建築家(2013/03/19 10:37)