海外送金の贈与税について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 生前贈与

私の友人で、アメリカ人の妻になったアメリカ在住の女性(グリーンカードホルダー)日本国籍もある前提でご質問します。

彼女が、ご両親から何千万円かをマイホーム購入資金に当てる為に送金してもらうそうなのですが日本の贈与税が掛からない方法を考えたいと思います。以下の4パターンそれぞれにおいてメリットデメリットを教えて頂ければと思います。
他に合理的な節税方法等あれば教えて頂ければと思います。

1、アメリカ人の夫の口座に振り込む。節税効果はアメリカの税制によると思いますが、この場合、本当に日本の贈与税は課税されないのでしょうか。

2、110万円の非課税枠を使って110万円前後ずつ毎年振り込む。

3、一時払い年金商品(110万円前後)を契約者親、受取人娘
で何本か設定し、満期金を毎年娘のシティバンク等の口座で受け取る。

4、日本で両親が土地かダイヤモンド等を購入した後、贈与する。

的外れなパターンもあるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。他に素晴らしい方法等あれば、そちらもお聞かせ下さい。

海外居住者への贈与

2010/02/23 21:32

 Bobo77様

 はじめまして、及川と申します。
 とても難しい質問ですので、私がわかる範囲で回答いたします。
 
 海外居住者への贈与については、以下のような決まりがあります。

 取得した財産が日本国内・国外であるを問わず、贈与税がかかる場合・・・1.贈与により財産を取得した者が、その財産を取得した時において、日本国内に住所があるとき、2.贈与により財産を取得した日本国籍を有する者が、その財産を取得した時において日本国内に住所を有していないとき。「無制限納税義務者」といいます。
 
 日本国内にあるものについてのみ、贈与税がかかる場合・・・贈与により財産を取得した個人が、その財産を取得した時において、日本国内に住所がないとき。「制限納税義務者」といいます。

 住所の判定については、客観的にその者の生活の本拠がどこにあるかによることとなっています。ご友人の場合は、結婚により、日本に住所がなければ、「制限納税義務者」となります。

 まずは、ご友人がどういった状況にあるかをご確認いただければと思います。

 節税案についてですが、1が一番可能性としてはあるかもしれません。
 ただし、海外の税金については、現地の専門家にご相談ください。
 また、海外送金や過剰な保険活用は、税務署に通知がいきますし、手数料や手間を考えるとおすすめできません。

 参考になれば幸いです。
 

 

及川 浩次郎
及川 浩次郎
税理士

-

このQ&Aの回答専門家


(神奈川県 / 税理士)

株式会社スリーアローズ 代表取締役
この専門家に相談

税理士として、FPとして、経営計画と生活設計を複合的にサポート

お客様が目標を達成されたときの満足感、不安を解消されたときの安堵感を、ともにすることが使命。FPとしてのスキルも活かし、税金のみならず「お金」の専門家として、未来に軸足を置いたコンサルティングに注力。事業も個人もトータルにサポートいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

負の遺産の証明について 2013/12/22 02:03 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
生前贈与について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。